FC2ブログ
無限のバリエーションのあるパーティーBLOG      by:Bartolina
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- (--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-)
安来節が似合う男
20050202103841.jpg週刊文春の記事(1月20日号) 《エーッ フィリピンパブが日本から消える!?》 

誰かが扇いで、外部ライターが持ち込んだものだろう、当ブログの読者の方にとってはすでに陳腐化した内容だが、現職の入管職員から裏取して記載されている点がありがたい。

「(坂中局長の)・・・目的を果たすために、米国務省のレポートを利用しただけのことです」

まさしくその通りで、官邸と坂中氏の利害関係がまさに一致!この現職入管職員の意見、現在の入管職員の声を代表しているといってよい。

しかし、誰も止められないほど 「狂信的豪腕 !」、さらに 「理論派」 で、まさに彼の右に出る者はいないから、入管は 《一時的にワンマンオーナーのいる個人企業化》 している、つまり 《占拠状態》 が続いている。
[安来節が似合う男] ・・・ 続きを読む
官邸との綱引きが始まった
20050217034709.jpgこちらにいても、いまやネット時代だから、あまりその距離感を感じることはすくない。多くの日本の生活用品や食料品なども、EUでは日本のメーカが製造しているし、日本から運ばれたものも多くある。

日本米もスペインや北アフリカなどでつくられているから何も問題ない。ただひとつを除けば・・・・・それは、雑誌なんですね、急ぐものはネットで送ってもらえますが、やはりインクの匂いをした雑誌を直接手にとって開く感触をなるべく早く味わいたいと思ってしまうのです。

「全部、日本語だ!」と心の中で口ずさんでしまうから、おかしい・・・・今日、届きました 「文芸春秋」 これは特別入手だそうで、まだ日本でも店頭に並んだばかりだと思う、こちらに来る方に預かってきてもらった。

私の手元にある書籍で大切にしている書籍2冊、「聖書」と、「出入国管理及び難民認定法 逐条解説」です。聖書はあまり開かないが、坂中氏の書籍のほうは、もうぼろぼろになるまで読み込んでいます。ここじゃぁ、日本の入管法関係ないんですが、よくいろいろな方から、聞かれるんですよ・・・その閉鎖性を・・・。
[官邸との綱引きが始まった] ・・・ 続きを読む
Copyright © 2004 Powered By FC2 allrights reserved. template by bartolina
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。