FC2ブログ
無限のバリエーションのあるパーティーBLOG      by:Bartolina
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- (--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-)
人身売買罪・・・第一号は?
20050202104315.jpg激的な当局のいじめから逃れることができた店舗やプロモは、いずれ人身売買罪の摘発を受けるのではないか?と心配されていると思う。

ちょっと早すぎるが、誰が業界史に残る 《第一号で摘発》 を受けるかという話が出ているらしい。もっともほとんどの方は、それまで自店舗やプロモが持ちこたえているかどうか?の心配の方が先らしい。

売春などを行っていた犯罪組織が経営するなどの店舗摘発は別として、東京入管は昨年5月20日に江戸川区小岩のPPを資格外活動容疑で立ち入り調査を行い、タレント19名を強制収容した。

東京入管は、この全員フライングの店舗を 《人身売買》 と判断して摘発に踏み切った、さらに不法就労助長罪での告発も検討(読売新聞朝刊2004年5月21日)。
[人身売買罪・・・第一号は?] ・・・ 続きを読む
究極の取り締まり
F103blog041220-1.jpgとりあえず歓楽街でテスト・・・・全国展開で、暴力団組織経営の店舗以外の外人パブは100%消滅!か?

表向きは、全国の歓楽街から暴力団や外国人犯罪組織を排除・・・治安対策に、商店主らによる自主パトロール活動を組み合わせた「繁華街刷新プラン」を策定・・・具体的には、犯罪組織や違法な風俗店の摘発を強化

地回りの・・・おまわりさん・・・システムが壊滅した警察組織は、究極の取り締まりをスタートさせる。外国人による犯罪が増加する一方だし、不法滞在者についても入管が唱える半減など当てにならない事を、警察当局は知っているからだ。警察の本音は、もう入管をあてにしていない、マイペースで外国人対策を進めることになる。

外事課でなく生活安全課でも処理を出来るように、人身売買を前面に押し出して、本格的な取締りが始まろうとしている。
[究極の取り締まり] ・・・ 続きを読む
トドメの業界つぶし・・・
F101blog041209-4.jpgいくらデモをしても日本政府の意思は固い、そうなることはわかっていたのだから、その前に手を打つべきであった、ときすでに遅し、ということ。

今月13日350名を集めてマニラで行われた業界団体連合会の会議で決まったことは3日間のデモだけ、無駄とわかっていてもデモをしてアピールするしか手はなかった。

会議では、 《いまだに組織としてまとまることができない、国の政策に対して何も働きかけることができないという強い焦燥感だけがひしひしと感じられた・・・》と、 まとまりのない連合会のイメージを残してしまった。いまやカリスマ的存在の方は、愛想を付かしてみなさんおやめになっている。

そして、業界代表者グループ乾しか?と思わせる摘発が続いている。当局に尋ねても、口が裂けてもいえないことであろうが ・・・ みなさんがマニラに集結しているときに、代表の埼玉県の店舗自体摘発を受けタレントを引き上げられている。
[トドメの業界つぶし・・・] ・・・ 続きを読む
やっと1名 ・・・ 摘発
F94blog041018-3.jpg興行ビザでのタレントの入国が厳しくなる中で、16日《マル観》(いわゆる短期査証)でホステスを入国させているブローカーが、警視庁生活安全部保安課に摘発された。

容疑は、入管法違反(不法就労助長あっせん)・・・・歌舞伎町の「アプロディタ」に、マル観のチェコ国籍の女性2人をホステスとしてあっせんした疑い。

3年前から東欧7カ国の女性およそ150人を、10都道府県で不法に働かせて、約1億円を稼ぎだしていたというもの。

人数や稼いだ金額は、報道の数字はあてにならないとしても、いよいよ《マル観ブローカー》へ司直の手が・・・・・とあわてているのは、当の《マル観ブローカー》たちであろう。
[やっと1名 ・・・ 摘発] ・・・ 続きを読む
すり替えの論理
F78blog-041011-3.jpg昨日の、外から見た 《 外タレ業界 》 をどのように見ているかがよくお分かりになったと思う。もちろん反論もあると思うが、反論よりも一つでも当てはまることがあるのなら、検挙に反省をすべきではないか。

少なくとも、トラフィッキング疑惑だけは受けないように、対処していかなければならない。そして、少なくともショータイムだけは、きちんとすべきで、ショーを出来ないタレント(?)は、採らないようにしなければならない。

米国務省の 「 人身売買報告書 」 は、先進国で最悪の人身売買国として日本を名指しした。そして、政府は 「人権後進国 」 の原因は、体制に影響を与えないどうでもいい興行ビザにあるかのように考えている。

というよりも、手っ取り早く次回の 「 人身売買報告書 」 までに格好を付けるのには、興行ビザを狙い撃ちすれば間違いなくデータ上格好がつくと話した馬鹿がいる。

キャリアでもないものが、上にはオベッカイを使うかのような手中の業界いじめを行なっているが、所詮ここまでで後は退職を待つだけ。
[すり替えの論理] ・・・ 続きを読む
新 法 務 大 臣
F55blog-040915-5.jpg先日、現状打破を出来ないものかという、真剣なメールをいただいている旨ご紹介いたしました。

このような方々がばらばらになられていることを残念がりましたが、ついに現れました!・・・《業界正常化プロジェクト》を立ち上げたいという方が!

《強力な方々の人脈を広げ、データーを収集し纏め、業界の方向性を見出し、パターン化しつつ具現化すると同時に新組織の在り方と人選についてディスカッションを行う場を提供したい》と言うことです。

来月からクローズタイプのWEBページや掲示板を利用して上記のことを行いながら、現状打破を模索したいというものです。クローズの趣旨は、やる気のある招聘業者、店舗関係者だけでやっていきたいということ。
[新 法 務 大 臣] ・・・ 続きを読む
人身売買被害者の見分け方
F47blog-040916-2.jpg昨日、珍しく朝方の3時にUPしたのですが、その後にマニラへの調査団が記者にリークしたと見られる下記のことは判明した。

《 今までは、ARBがあれば、本人の能力は問わずに日本の興行ビザを与えていたが、一定期間の勤務経験や興行訓練の履修など新たな基準を追加するとみられる。 》 と言うもの・・・・。

まさに予想通りだが、具体的にどのようになるのか、まだ判明していない。

ただ考えられることは、以前の申請方法へ戻すと言うことだろう、世界一エンターテイナーの多い国フィリピン(中身は別にして)などが、ARBなどというもので特別扱いされてきただけで、他国のほとんどのタレントは出演先証明書で判断されている。
[人身売買被害者の見分け方] ・・・ 続きを読む
新しいARB (AACカード)
F42BLOG-040910-1.jpg最近、どうして?ということが多くなっている。というのは、呼び出し等で入管へ行くと統括の記憶があまりにもよすぎるからだ。

幕張のマシンが頭がいいのか、人間の頭がいいのかは別にして、従来手仕事であった申請のデータのマシン化もかなり時間が経って、招聘業者、出演店への名寄せ等をオンラインで(?)見れるようになっているらしい。

少なくとも、認定証の発行時点でのデータベース化はしている。その後の変更には疑問が残るが・・・。

だから、呼び出しの招聘会社は、従来のようないんちきは出来ない。つまり、摘発や査察で止まった場合、新たな申請をストップして、申請中を取り下げし、入国中のタレントをなるべく遅く帰国させ、すでに入手している認定証はフィリピンへ送って入国させる手配、そして当然だがマニラの日本領事館で得たビザ有りのタレントは至急入国させる・・・・これが従来のやりかただった。
[新しいARB (AACカード)] ・・・ 続きを読む
職質には 「同伴です」
F41BLOG-040910-6.jpgこのところ、皆さんからいろいろな情報をいただきまして、ありがとうございます。

いただいた情報を総合してみますと、東京都内よりも、周りの県の摘発が多い、内偵がはいっていた店で売春等の容疑がかかっていたところが多いようです。
これって、典型的なマスコミ対策・・・一般の方は、後からの摘発も、そのような印象を受けてしまうのだ。

もちろん、売春など関係しえいない店舗も摘発の対象になっております。さらに、最大の特徴は統括自らが先頭に立って活躍されている。歴代統括の中でダントツ張り切っていらっしゃいます。

タレント寮からでたら所轄に職質にあい「同伴」と答えたとたん、しょっ引かれた!と言う変り種まで聞こえてくる。 別になにかあったからとしか思われないが、招聘業者や店舗オーナーはタレントにきちんと指示をしていないのだろうか?
[職質には 「同伴です」] ・・・ 続きを読む
全 員 玉 砕
F40BLOG-040908-2.jpg当局から、先手先手と打たれても、何の動きも見せない業界・・・どうして、業界から先手を打たないのか、《黙って首を洗って待つだけなのか?》 何度も書かせてもらっているが、今回の攻撃はただ単に 《資格外活動をあげる》 今までの 《お目こぼし取締り》 とは大きく違うということを、わかっていないのではないか。

全体が見えていない業界の方が多すぎるのではないか?なぜなら、あれほど攻撃をかわす手段があるのに、何もしないで 《お涙頂戴》 式の行動をとっても、《お門違い》 ということ。

諸官庁合同調査団(政府調査団)が、9月13日にタイとフィリピンへ飛んで実態調査を行うという  《激的情報!》 が公にされた。(朝日新聞) これで、完全に 《内堀が埋まる》 ということだ! 業界は、8月10日から1ヶ月間の時間を無駄に過ごしてしまった。
[全 員 玉 砕] ・・・ 続きを読む
Copyright © 2004 Powered By FC2 allrights reserved. template by bartolina
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。