FC2ブログ
無限のバリエーションのあるパーティーBLOG      by:Bartolina
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- (--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-)
Trafficking in persons (3)
F74blog-041007-3.jpgいま当局が、トラフィッキングと共にウェイトをおいているのがスマグリングだ。両者共に関係ある事項だからだ。

スマグリング ( Smuggling of Migrants ) は、 「 移住者の密輸 」 、 「 不法移民 」 ・・・。
このスマグリングは、搾取等の件でなく、 《 人を金銭的な利益等の目的で不法入国させること 》 だ。

基本的には、スマグリングによる不法入国者数は把握できないが、アメリカでは1000万人近くいると推計されているようです。

日本では、有名なのが 《 蛇頭 》 で、 《 蛇頭 》 は特定の犯罪組織を指すのでなく、密航者を手引きする人たちを指す一般的な言葉だそうです ・・・ 私も始めて知りました。

日本国内にスマグリングで入国させるのは 《 蛇頭 》 だけではない、日本人もこまめにスマグリングしているものがいるそうだ。
いま当局が狙っているのは、日本人の配偶者等のパスポートを使用した、スマグリングだそうだ。私が得た情報を総合すると、これには入管職員が深く関与している。

日本人の配偶者のパスポートを使用して、OS者を現地に帰国させる。同じパスポートで、現地から新たな不法滞在希望者を入国させる。

この場合問題になるのが、両国の入出国時、現地はほとんど金で解決するだろうが、日本サイドは? ・・・ 驚くことに、日本サイドも 《 金 》 で解決できるらしい。

数年おきに入管職員が懲戒処分などのニュースを見る子とがあるが、内容は入出国や期間更新の違法処理、つまり 《 金 》 で、スタンプを押していたというもの。この手の職員が、スマグリンググループの餌食になっているわけだ。

前もって勤務セクションや時間がわかっていれば、どの便に乗ればいいのか計画できる。当然、当日のカウンターの並び方は決まっていないだろうから、職員の顔のわかる者がエスコートしていくことになる。

日本人の配偶者等の査証取得者は、日本人のラインに並んでもいいことから、間違いなく当該入国審査官にぶち当たるわけ ( 日本への入国時、外国人は一列に並び開いたカウンターへ行くことになるから、どの入国審査官にあたるかわからない、しかし日本人のカウンターは、カウンター単位に列を作るので、入国審査官を選べるわけ ) 。

入国審査官は、前もって連絡を取り合っているから、パスポートと異なる人物がきても《出国スタンプ》をとぼけて押してくれる。あとは、パスポートを見せるところはないから、すんなり機内へ入れる。

現地へ到着すれば、現地では別口からでることも可能だから問題ない、パスポートを預ければ勝手に出国スタンプを押してくる。日本からエスコートしたものがパスポートを回収して、日本行きの新たな女性を連れて日本へ向けてフライとする。当然だが日本サイドの担当官の勤務セクション、時間に合わせた航空会社を選んでフライとする。

入国も出国時と同じ方法で、らくらく入国できる。入国後偽パスポートと偽外登カードを持たせて仕事に励む。

当然だが、すべてのことに金が絡む、パスポートは実存者の日本人の配偶者からの借り物にも大金が支払われる。一人の人間が何度も行き来しては不自然だから、大勢の日本人配偶者がパスポート貸し出しを行なっていることになる。

この行為ミスすることがあるとすれば、日本サイドの空港で該当する出国審査官の列に並べなかったとき、反対に入国の際に入国審査官の列に並べなかったとき意外は、パーフェクトらしい。

エスコートがいてどうして並べないときがあるのだろう?並べないときではなく、並んだのだが途中で隣のカウンターに職員が来て強制的に列を分けられてしまった場合だ。

このようなときには、エスコート者が見て確認してるが、時によってはヘルプできない状況に陥ることもある。

エスコート氏は、至急グループに連絡して、パスポート貸し出し者へ連絡、貸し出し者は、警察へ至急パスポート紛失届出を出す。入管からの問い合わせにも、 「 パスポート紛失届出を出して、警察に探してもらっていたところなんです! 」 ・・・・ うまく出来ていると、関係者は感心している。

当局側の協力者がいなければ、成り立たないことから防止策を考えている。現在、水際作戦で考え出されている2名での入国審査 ・・・ これも強力な武器になるだろう。

あの手この手でスマグリングが行なわれている。OSが20万以上と人数が把握できるのと違い不法入国者数は把握できない。さらに、OSと異なりほとんどが入国前から勤務先が決まっている。当然のことだが組織関係で倒れるまで搾取されることになる。

ほとんどの場合、スマグリングだけでは終わらない。入国すればトラフィッキングが待ち受けているというわけだ。

スマグリングやOS者は、正規店舗 ( 入管へ申請してタレントが出演できる店舗 ) では、ほとんど働いていない、ほとんどは地下にもぐりこんでいる。
正規店舗を止めても、組織は困らないかえって喜ばれるというわけだ。

審査部門は、組織関係者が経営又は経営に影響されているような悪徳店舗や悪徳招聘業者を排除すればいい。業者をヤクザ組織に ( 半強制的に ) 近づけるような入管行政を行ってはいけない。

自分たちに近づけることを考えなければ、スマグリングやOS者達の把握は出来ないだろう。ましてや摘発は出来るはずがない。自分たちでは、その見分けが出来ないだろうから、この辺で業界正常化へ乗り出してはどうか?

そろそろ、まともな情報を得ることが出来るようなシステム作りにかからないと、将来取り返しのつかないことになるだろう。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
Copyright © 2004 Powered By FC2 allrights reserved. template by bartolina
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。