FC2ブログ
無限のバリエーションのあるパーティーBLOG      by:Bartolina
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- (--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-)
芸能人としての実力とは?
Fblog050219-2.jpg2月23日の衆議院法務委員会のビデオを見た、例のARBの件(2月15日改正省令公布の件)での質問が自民党柴山議員(衆院埼玉8区)からなされた。  (  衆議院TV : 衆議院インターネット審議中継参照 )

せっかくの質問が、中途半端で・・・多分地元(所沢市・大井町・三芳町)の店舗オーナーからの相談程度の知識しかない状態だった? 三浦局長のああいう答弁であれば、攻め落とせた状況だっただけに残念だ・・・。

アホの南野大臣の配下、時期ポストが気になる三浦局長と、意味がわからず質問に立つ柴山議員と質問時間31分間のうち数分程度とはいえ、無駄な時間を費やしてしまった感がある。

三浦局長にいたっては、前増田入管局長(26期)の後を追って早めに次長検事を補佐する4部長(刑事、公安、総務、公判、)のポストを狙いたいところ。

あの許永中氏の懐刀、元特捜のエース田中森一との関係をスッパ抜かれた神垣清水の後釜で、2年間も那覇地検で臭い飯を食ってきたし、同期や28期も淡々と狙いを定めるポストだから気が気ではなく、入管の問題などどうでもいいのだろう。
たまたま、入管業務に命をかけた入管の金正日が配下にいるから安心だ。しかし、委員会での答弁はあくまで三浦局長の職務、あの程度の答弁なら質問者が切れ者なら、どんでん返しも可能だった(残念!)

就任当初、「おちょくって」いるのかと思った発言の連発だった南野大臣だったが、本当に意味もわからずの発言だったようで、驚いたしだいだが最近は法務官僚を師に、本人も必死に勉強して職名に恥の上塗りをしないように頑張っているそうです・・・  「南野知恵子:トンチンカン返上?(懐疑派BLOG)」  

答弁もほとんどカンニングペーパーを棒読みの大臣、危なげなく無難な内容だった・・・「良かった、良かった」と法務官僚はホットしていることだろう。

今回の答弁の内容で、ツジツマが合わない答弁のなかでも、気になった点・・・

① 「現実を見ますと、芸能人としての実力を、備えていないという方が、相当いる実態が把握できている」

② 「①ような方がパブ等でホステスとして稼動している実態が明らかになった。」

③ 「②のような事態になると低賃金で働かされという実態がありまして、労働搾取をされている実態が判明」

④ 「③を、見直すべきという判断から・・・証明書(ARB)だけによる入国は廃止すべきだということになった。」

私は、三浦局長の①発言は、勇み足のような気がしてならないのだが・・・。ただ単に「タレントとして入国した方が、ホステスという資格外活動を低賃金で・・・。」 と答弁すべきだったような気がしてならない。

① からだけでも、「芸能人としての実力」 や「芸能人としてふさわしい方(別途発言有)」とはいったいなんなんだろうか?入管は、芸能人についての実力測定の基準表でもつくっているのだろうか??
「芸能人でないものが相当いる実態が把握できている」 ・・・ どういう把握なのか?具体的に、是非聞いてみたかった。

② については、資格外ということで資料は掃いて捨てるほどあるだろう・・・。

③ 低賃金の金額を聞いてみたかった(16万円とか・・・)、労働搾取についての定義を聞くチャンスだったなぁ・・・。

取り合えず、①、②、③の入国タレントが、証明書(ARB)を使用して入国ということだから、今回証明書(ARB)の項目を削除したわけ、今後2年間等による証明書等で入国して、今回と同じ結果ならこれらの条項も削除すると言うことになるのだろうか??

②、③については、摘発タレントからの調書を証拠データとしているのだろう、逆に考えれば①から③までは、フィリピンだけに限ったことでないことはわかっているが、入管の金正日氏のお目こぼしで、ARBだけで止めてやったんだぞぉ~・・・・・と言うことなのか?


もう一点、気になったこと、柴山議員の前に同じく自民党の松島みどり議員が、「入管法上の通報義務」・・・の件に触れている。

不法滞在者の外国人登録についてであるが、昨年の4月15日から不法滞在者による、外国人登録申請については、申請後法務省が、退去強制を受けているかどうかのチェック、市区町村が居住の実態の確認(郵便)を行っていること。

その結果が、三浦入管局長から発表された・・・市区町村から、どうしたらいいのか法務省に紹介されたのが2,800件で市区町村が居住地の確認が取れずに保留になっているのが1,150件あったという。

このチェックについては、賛否両論があると思うが、このことが広く知れ渡って、不法滞在者の登録件数が激減することは必死で、ほとんどの不法滞在者は地下にもぐることになってしまい、ますます労働搾取を受けるような職種しかなくなるか、または犯罪に走ること以外なくなることが考えられる。

つまり、狂った動物を袋小路に追い込むようなもの、この辺の政策が他国と異なるところで、先般ご紹介したスペインの、“レグラリサシオン(恩赦)”により ・・・ ブラックマネーで働く外国人が社会保険および所得税を納入し、人材の不法利用を妨げる・・・というような考え方とは程遠い。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
■ 衆議院TV  (衆議院インターネット審議中継)
■ CASA ROSSA  (改正省令が本日公布)
■ CASA ROSSA (不法滞在者 80万人に査証発給へ!)
■ しばやま昌彦衆議院議員 オフィシャルウェブサイト
■ 法務委員名簿
■ 懐疑派BLOG 「南野知恵子:トンチンカン返上?」
■ 出入国管理及び難民認定法第62条第2項に基づく通報義務の解釈について(通知) (入管局長から、各地方入管局長宛・他) 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
Copyright © 2004 Powered By FC2 allrights reserved. template by bartolina
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。