FC2ブログ
無限のバリエーションのあるパーティーBLOG      by:Bartolina
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- (--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-)
英国人看護師、米国へ流出倍増
20050202103759.jpg今すでに、英国の看護師が米国へ流出し続け止まる気配がないという。

理由は簡単で、雇用条件が非常に良いから(780万円と高年収、2ヶ月間の住居無料提供、航空券無料、家族のビザ取得、トドメに永住権獲得などなど)・・・・。

米国は2010年まで、新たに100万人の看護師を雇用する方針で、英国だけでなく世界各国から看護師だけでなく、コメディカルスタッフについても同様だ。このことからも、米国はフィリピン人看護師の入国をストップ・・・本音とは思えないわけです。

そして、肝心の英国内は医療機関の80%は看護師不足、過去3年間に雇用された看護師の約半数は外国人看護師だというから驚きだ。もちろんこの中の多くはフィリッピン人看護師など自国で雇用条件の悪い国々の看護師だ。
当ブログでも再三カキコしているので、またかという方もいるかと思うが、日本でも少子超高齢化社会を向かえにあたり、かなりの数の看護師、介護福祉士をはじめコメディカルスタッフなどの不足が心配されているデータが出ている。

それにもかかわらず、国内問題と称して・・・内部調整が付かない・・・そんなことをしてる暇はないはずなのですが・・・。フィリピン人看護師は、日本へ来たがっている・・・誰がそんなことを言ったのか?信じられない、とりあえず100名程度・・・??

正式な看護師であれば、決して日本へ招聘しても日本国内の看護師の労働条件悪化にはつながらない。条件が悪ければ、日本などそっぽも向かれないからだ・・・英国の例を見るまでもなく、どこの国の医師や看護師でも、条件のいいところへ向かってしまうからだ。

条件が良くなければ・・・質のいい看護師は、日本へは来る可能性がないということだ、「資格を取れるまでとりあえず3年日本にいれれば・・・」などという、いかがわしい考えの看護師希望者?なら大量に押し寄せるだろうが・・・。

実は、この医師や看護師などの流出はフィリピンや英国だけの話ではない、日本全国的に医師の大学医局離れが起きているらしい、日本人医師や看護師でも外国語が堪能であればすぐに海外へ出てしまう時代なのだ。

今後日本へ外国人が大量に移住してくる、そうでなくとも「観光立国日本」・・・年間1,000万人以上の外国人が観光で訪れる時代が目の前だ、外国人が医療施設を利用する機会は非常に多くなるだろう・・・。

あまり日本語にこだわらず、外国語での医師や看護師試験も考えたほうが良いだろう。我々もそうだが、海外の病院に入院をした経験のある方ならお分かりになると思う。

フィリピンとの看護師、介護福祉士の受け入れについて詳細が決定されていない様だから、みなさんと共に注目していきたい。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
■ Nursing UK (イギリスの国外からの看護師採用のためのウェブサイト)
■ 2月01日 【 57兆円の横取り 】
■ 1月22日 【 本物の風俗 と 新しいジャパユキ 】
■ 1月20日 【 そろそろ シノギ の衣替え ? 】
■ 1月18日 【 英国人看護師、米国へ流出倍増 】
■ 10月26日 【 在留期限は無期限! 】
■ 10月25日 【 アヨロに嘲笑われた交渉団】
■ 10月20日 【 単 純 労 働 い よ い よ 開 国 (3) 】
■ 9月27日 【 新 法 務 大 臣 】
■ 8月9日 【 新しいジャパユキさんが、やって来る!】
■ 8月12日 【 新しいジャパユキさんが、やって来る 2 】
■ 10月20日 【 単 純 労 働 い よ い よ 開 国 (3)】
■ UK Today 英国人看護婦が、好待遇求めて続々海外へ!――NHSの看護婦不足が深刻化
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
9月15日 NHK BS1 昼12:35~12:55「医師がいなくなる~フィリピン・看護師出稼ぎの陰で」http://www.nhk.or.jp/angle/blist/050409con.html いま、先進各国は看護師不足の問題に直面しています。高齢化で需要は高まる一方ですが、きつい仕事の割に待遇が低い看護師の職は敬
2005/09/15(木) 03:51:55 | kayophoto info
いよいよ具体的な話がなされているようですね。ただ心配なのは日本語教育の必要性、これにあまりこだわるとイギリスなどの雇用条件のいいほうへ流れれしまう可能性があるらしい。フィリピンで歯、毎年約1万人の看護師が誕生するが、イギリス1国で1年間に2万人以上の看護
2005/05/02(月) 22:00:50 | フィリピン切抜き帳
Copyright © 2004 Powered By FC2 allrights reserved. template by bartolina
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。