FC2ブログ
無限のバリエーションのあるパーティーBLOG      by:Bartolina
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- (--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-)
お笑いを語る、坂中東京入管局長  (2)
Fblog050228-2.jpgネット(Asahi.com)、夕刊(朝日新聞2月28日夕刊)に続いて、発行部数35万部とも言われる週刊朝日(3月11日号)に3ページにわたって「坂中東京入管局長が異例の激白」の記事が記載された。

内容的には、すべて朝日の記者一人(井田香奈子女史)による焼き直しものと考えてよさそうだ。

詳細は、週刊朝日3月11日号を購入(¥300円)していただきたい。記載されてることすべてが事実かどうかは別として、興行の実態を語り、さらに笛吹けど踊らない職員や同僚達・・・・そうなった原因が自らの指導力、統率力不足でなく、外圧をかけた国会議員や業界のせいであり、入管行政がおかしくなっているのは私のせいではない・・・と、現職入管局長が吠えているが、その声は何か寂しく職を去っていく老兵の足掻きにしか聞こえない。
氏ほどのバックがあって、どの国会議員が吠えるのだろうか?吠えることが出来る議員は、せいぜい数名でしょう・・その議員先生は、あなたにそのようなことを言う先生ではありません。

生半可な議員は、あなたには言いたくとも言えないはず!有権者への回答もしなければならないから、お願い型の質問程度がせいぜいと見ますが・・・・。

業界の圧力?どこに、独裁者金正日氏に圧力をかけられるほどの「玉」がいるのでしょうか?いれば業界は一つにまとまり、国民をも巻き込んだ一大キャンペーンを図っています。

《業者》 と言われているのはいわゆる「入管ゴロ」のこと、勘違いされては困ります、この方々は「入管サイド」の方々、迷惑しているのは業界サイドの方なのです。長年入管に巣をくって業者や一般国民を食い物にしてきたヤカラではありませんか、問題のすりかえもいいところ。

言い方が悪いかもしれないが、市区町村に巣を食う葬儀屋みたいなもので、誰かが死亡すればすぐにその家に連絡がいく・・・。「今なら、300で何とかなる・・・」、断れば「お宅のことはいろいろ聞いている、1年程度止めることもできる・・・」と脅される、結果は「金を払って、全権委任」・・・ほとんどが程度の差はあるが、このパターン・・・。

入管職員の個人電話番号、名刺等々・・・・今までの成果も、聞き知ることと同じで納得してしまう・・・○和、893、右○、○会屋・・・上げたらきりが無い、この方達を育て上げたのは入管です。確か元職員も5~6名いるはずで、入管では該当者の写真を準備しているではありませんか!!

問題のすりかえはやめたほうがいい、惨めになるだけだから、最後まで独裁者でいればいい、変に言い訳をしないほうがいいということ、メディアを利用して大衆を動かそうとしても所詮無理な話ですから・・・。胸を張って堂々としていたほうがいい。

今まで、言いたい放題行ってこられたのは、ご自分自身だけの力だと思っているわけではないでしょう?強力なバックがあることは無意識のうちに自身のなかに存在していたはず。そういう方々を汚さないほうがいい、今回の件周りの方々も・・・途方にくれていると思います。

なぜにして、現職がゴシップ的色彩の濃い評判の悪い週刊誌に語ったのか?と思ったら、最近評判を落としている朝日新聞の名刺を見たわけですね!メジャーな話題でないフィリピンパブの問題をリークしているのか?本当にわからない。内容は陳腐で過ぎるほどでひどい・・・ゴシップ的にはスクープかもしれないが・・・それをが望みではないだろう。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

そういうお笑いごとに騙される一般国民の方々へページを割いてみます。

《店舗調査に数回立ち会った》・・・その店舗、あなたの駒たちが膳立てした、サンプルとなるような典型的な違法店舗なのです。さぞかし、天下の局長が同行だから、同行職員一同緊張の連続だったでしょね?すべてのフィリピンパブが、金正日氏がご覧になった店舗と同じとは限りません(資格外は別として)。

そうそう、そのほか外○に誘われて某フィリピンパブで楽しまれたことは?有れば、それも参考になっているのでしょうね・・・確か、タレントさんは40名ほどでショーは全くしていないお店・・・だったでしょうか?

《接客させられている・・・》 のではなく、自ら接客している・・・だからフィリピンサイドをたたいたわけでは?そうそう、このことで思い出されるのは、確か「慰安婦」問題で「商行為&強制」で物議をかもしたことがありましたねッ。

「接客させられている」の判断なら、日本側に非があり・・・フィリピンサイドに、「せっかくいい芸能人を送ってもらっているのに、日本サイドの店舗でショーをさせないで強制的に接客をさせていた、まことに申し訳ない」と、陳謝しなければならないのではないか?

来日ダンサーは、ほとんどがショーが出来ないエセ芸能人で、接客をすることを目的として入国・・・だから、法改正までして証明書(ARB)での申請を出来なくしたはず?

《DOHAN TENGAI》が、日本語として定着していくことが恥ずかしいかどうかは、個人的な見解の問題でキャバクラをはじめ多くの店舗に、日本人男性がくまなく通って、同伴などの言葉を使っている。

この言葉のよしあしを、あなたが決めることでなく日本人それぞれの価値観で決まっていくことだと思うが・・・。若い子達の言葉も同様で、日本国での言葉は太古以来同じ言葉を使用しているのではなく時代によって変わってきた、100年前の日本語と現在でも異なるし、各地方によっても異なることがある、それでいいと思うのだが・・・。

そのような個人的な見解のところまで、手中の駒に強制して押し付けるから、嫌がられるわけで、他地方入管局長でもモロにいやな顔をするものが現れてしまうのではないか?時が経つにつれて、身近な取り巻きまでも言うことを聞かなくなる、原因は自分の統率力、指導力の無さ・・・これを、外圧がそうしているとすり替えは出来まい。

ついでに、セクシーショーやトップレスショーなどのどこがいけないのか?私は、ベガスでもムーラーンでも、場末のショークラブでもトップレスショーは好んでよくみる。氏はストリップ劇場のマタ○き程度しか経験がないのではないか?もともと芸能について、入管が語る資格などありはしないし、出演場所を限定すべきものでもない。あるときは東京入管の入り口でもいいだろう・・・。

《「助けに来て」という意見が多く寄せられる・・・・》 いったい13万件の入国者中何件がそういういった意見があったのか?聞いてみたい。以前、フィリピンの労働界を牛耳る上院議員から、全く同じことを言われたことがある「これだけのフィリピン人が日本で売春をさせられた」・・・と、机の上に書類を出された。

その資料は事実であろうが、他の満足して帰国した者達からは連絡はないはず。たとえ数件でも、そういう売った通報があるのであれば「叩け」ばいい、悪徳業者がいることは事実で、これをピンポイントで摘発しないで、入管職員自身の「職を守るための摘発」を行うから、ピントの外れた摘発が続き、入国した芸能人のためにはなっていない。

今でも、苦しみ耐え抜いている外国人売春婦が多くいることを、知らないとは言わせない・・・職員がお膳立てした店舗でなく、自分から温泉場に行って女がほしいといってみればいい。いくらでも外国人売春婦を買うことが出来る。

そういう組織的はシステムを破壊しないで、なにがフィリピンパブは接客している・・・資格外、人身取引、ウラには暴力団がいる・・・と御託を並べているのか、そのような暇があるのならば、今現在も本当に困っている外国人女性達を助け出さなければならない。

手中の駒によって、お膳立てされたフィリピンパブに行って、こうだ!ああだ!といっている時間は無いはず。国民の税金を、もっと効率的に効果が上がるところへ使用してもらいたい。

そういう一番問題があるところをなぜ摘発できないのか、入国外国人を不法滞在させないで自主的に帰国させるのにはどうしたらいいのか?不法滞在を狙って入国する外国人は、どうして減らないのか?減らすためにはどうすれば良いのか?なにか手がないのか?入管職員がこのことを本気になって政策を考えているとは思えない。

ましてや、坂中氏は多くの著作を持つ自他共に認める入管行政の理論派のトップを行く方、著書の売り上げをあまり気にしていないで、平たく言えば入管法を研究する学者じゃないのだから、現場責任者として現実的な政策案をもっと出すべきではないか?

文中の言葉を借りれば、《病巣を除くには外科手術が必要・・・》とあるが、もちろん病巣は何らかの処置をしなければならないだろうが、そういう病巣が蔓延しているのだから、予防医療を考えなければならなかった。

いくら外科手術を繰り返しても次から次へと患者が出てきてはきりが無い、患者が発生しないような方策を考え出すことが、理論派で名高いあなたのやることではなかったのか?

これは、不法滞在者に対しても同様だし、直接関係しないかもしれないが、外国人犯罪についても同様だ・・・・。解決策を今回のパブリックコメントに意見をしておいたからよく咀嚼してみていただきたい。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

一方、坂中氏が言われるように、業者が頭に乗って「やりたい放題」、店舗オーナーのやり方を、見てみぬ振りをしていたこともあって、「接待が違法と知らない?」に近い状況の店舗オーナー、キャバクラ感覚で開業する方もいるほど・・・これは、業界の指導力が疑われても仕方がない。

接客は違法行為であることは明白だが、全くショー以外顧客と接することも出来なくすることも不可能だろう。24時間監視するわけにも行かず、監禁状態に置くことも出来ず、難しい問題も生じる。

ショーが全くなくホステスオンリーの店舗や申請内容に虚偽があるなどの店舗があることも事実。ただ前記の入管ゴロも同様だが、入管自体業者に対して情報の開示が少なすぎる、平たく言えば「もったいぶり」のしすぎ、はっきり問題点をいってやれば入管ゴロからも、食い物にされないし安心できる。もう少し親切な指導が必要だった・・・入管ゴロとお付き合いせずに、業者をもっと利用すれば、面白い結果がでたであろう・・・。

坂中局長が、怒り狂った一つの原因に、業界の自助努力が全くなかったこともある。それはとりもなおさず、業界が一つにまとめることが出来る人材に欠けていることが一番問題なのかもしれない。オーラが見え、カリスマ的指導者はいつ出てくるのだろうか?

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

《ホステスを受け入れるべきだという世論があるのなら正面から議論すべきだ》 ・・・ はじめて、入管の金正日氏と意見が一致しました。

私も、そう考えている一人です。というよりも、職業的差別をしないで必要なだけ外国人を入れるべき、入国数をコントロール(決めるではないので誤解をしないように)するのが、入管の職務でありと考えます。

つまり、いつまでも経団連などの金持ちに、ついている腰ぎんちゃくでなく、一般個人業者や中小企業の要望も吸い上げろということ。我々は、行政を執行するだけで・・・という、言い逃れは平の職員だけにしておいたほうがいい。自分の思うように入管行政を動かしてきたお方とも思えないと切り替えしが来ます。

ホステスがダメで、高度な技術を持ったコックがなぜ良いのか?風俗のどこが悪いのか、好まなければ通わなければいい、人身売買罪に該当すれば摘発すればいい、温床にならないような方法を考えないで、そのものを否定してはいけないといいたい。

現在の日本はあまりにも査証項目が多すぎる・・・理想を言えば、就労査証と非就労査証に二つでいい。該当者を入国させるのではなく、被害当者をはじいて、それ以外は入国させたらいい・・・もちろん、現状のお役所入管の体制では・・・・これを実施したら、えらいことになってしまう。

私は、業者サイドの考えを支持するものではない・・・・どちらかといったら、坂中氏によって人権侵害を受けることを余儀なくされた在住フィリピン人家庭の方々の立場を取りたい。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

あなたのような強い意志を持って、強靭なバックがあってさえ適正な入管行政が出来ないのだとすれば、今後あなた以上の方は出現しないであろうから、犯罪組織が悠々と外国人を食い物に出来るようなシステムをお膳立てする必要はなかったのではないか?

警察も組織暴力団となると及び腰的なところがあるからこそ、業界の手に託しておいたほうが良かったような気がする。

業界が一部の腐りきったガン部を取り除くことが出来ず、束ねることが出来る指導者がどうしても出ないことへの苛立ちもあったと思うが、今回の一連の査察、摘発、法改正は今後暗黒の世界へ一般国民をも迷い込ませることになる。

不可能なことではあるが、本当に心から外科手術を考えたのなら、あなたが業界へ天下りをすればいい、そういう意味で今回のインタビューへ応じたのなら一連の記事の意味はわかる。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
昨日、下段の引用の欄で紹介しておいて、何も触れていなかった【「人身取引」批判で見せたブッシュ政権の外交姿勢とその限界】だが、一連のフィリピンパブ問題を的確に書かれているので、ご紹介しておきたかった。
ライブドアが「パブリック・ジャーナリズム」を立ち上げたが、それよりも早く「市民メディア・インターネット新聞JANJAN」が、市民記者への道を開いている。内容がいい、やはりその道にある程度通じた方が書かないと内容もおかしくなるということだろう。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
■ 現職局長が初めて語った 入管行政の闇の部分 「人身売買の温床にはメスを入れる」(週刊朝日2005年3月11日号)
■ 「人身取引」批判で見せたブッシュ政権の外交姿勢とその限界  
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
坂中局長の問題手記などを取り上げた朝日新聞。週間文春で暴露記事が!その事実に迫る。...
2005/03/31(木) 12:06:48 | Boo-Yeah!
昨年末に「人身取引対策行動計画」が閣議決定されたが、「スマトラ沖地震」や「NHKと朝日新聞の論争」「フジテレビとライブドアの対決」などのメディアでの賑わいに圧倒され、その後の動向は衆目にとまらなかったのではないだろうか。 しかし、いよいよ、その人身取引対
2005/03/21(月) 06:11:53 | we love philippne
 局内の就労審査部門内部にも、序列を飛び超えた扱いをしている氏に対して、ファッショであると感じている審査官も数多くいる。彼らの官僚体質は、表立ってけっして異を唱えないが、気心知れた仲間内での会話で、意思を表面上に出すことがままある。現場では、佐藤統括も同
2005/03/03(木) 08:47:01 | 西京入国管理局
週刊朝日3/11号
2005/03/03(木) 06:12:02 | フィリピンパブ ファンタジア
Copyright © 2004 Powered By FC2 allrights reserved. template by bartolina
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。