FC2ブログ
無限のバリエーションのあるパーティーBLOG      by:Bartolina
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- (--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-)
特需に沸く新空港 (3)
Fblog050307-2.jpg中部国際空港開港特需・・・最大の目玉は、今月25日から始まる愛知万博 ・・・ 

国内万博では過去最大規模(122カ国、6国際機構・東京デズニーランド・デズニーシーの面積に匹敵)にもかかわらず、目標動員観客数は1,500万人(大阪万博は6,422万人)と低くい。

これも「開催を知らない」と答えた人が44%に上るなど、浸透度が極端に低いことからか?

実際、万博チケットに売り上げは・・・思わしくない?・・・と言う噂は本当なのだろうか?
万博の宣伝費が切り詰められ、テレビスポットも短期間しか流せず、新聞広告も制限されているという・・・大御所トヨタ(豊田章一郎氏)がついていてどうしたことなのか?

前回もカキコしたが、あまりパットしないからというわけでもないだろうが、万博開催期間中、万博目的の短期査証申請手数料金(¥3,000円)が免除されるという・・・・まさに泥棒(不法滞在予定入国者)におい銭的処置が取られる・・・。

愛・地球博・・・ここにきて、《日本野鳥の会、日本自然保護協会、世界自然保護基金(WWF)ジャパンの環境保護3団体は今月7日までに、協会側が求めた環境シンポジウムに参加を取りやめる決定を通告》 した。

要は、《「自然のもつすばらしい仕組みと、いのちの力」に感動し、世界各地での自然とのさまざまなつき合い方、知恵に学びながら、多彩な文化・文明の共存する地球社会を創ろうではないか。》 のテーマが、近隣の自然破壊や会場内に生息する絶滅危惧(きぐ)種のホトケドジョウの犠牲の上に行われることはおかしい・・・ということらしい。

このように、まだまだつめられていないことが多い(出演予定者が決定されていなかったり)のも愛・地球の特徴かもしれない。過去に無い規模だそうだから、揉め事も過去に無いほど多い、入場者予定数だけが極端に少ない・・・しかし、外国人の入場者は、過去に無いほど多くなる予定は間違いなさそうだ。

マル観ブローカーの狙いは、通常通りヨーロッパ等の査免国からの入国が多いから、査証申請手数料金の恩恵はそう受けない、認定証のおりないプロモたちのホステスたちは、ロシア・NIS諸国などの短期査証が必要なところが多いから・・・ばっちり恩恵に浸る。

マル観ブローカーは、ここ2年程入国成功率が極端に落ちて、ビジネスそのものに影響を受けていたが、今回の「大赦」とも言うべき愛知万博で「息を吹き返す」ことが出来ると「ホット一息」ついているのが現状だ。

今回の愛・地球博の裏のテーマは 「世界中から、フリーパス」 ここ数年のマル観いじめに始まり、興行査証の問題など外国人を苛め抜いた謝罪も含めて、今回は短期査証申請料金も無料にして、愛・地球博覧会でお待ちします・・・「開催期間の185日間、黙って目をつぶって我慢します」が、入管からの「暗黙のメッセージ」と捉えている。

ICチップ入りの入場券は、当日限りの4,600円でなく、前売り券をわざわざ持参する、それも
17,500円(大人券で、全期間中複数回利用可能)の、使用者の顔写真を貼って使用するチケットを、愛知万博パンフレットと共に、パスポートに挟み込まれて入国審査官へ差し出す。

もちろん、ホテルも予約済みとくれば、いくら長年経験を積んだ入管のエキスパートといえども 《 A to A 》 と帰国の処理(退去強制)は出来まい。

入国率100%の安心は、マル観ブローカー達はほとんど偽造パスポートを使用しないからだ。タダ、この期に乗じて海外のブローカーが、意味不明に送り込んでくるものたちは、偽造パスポートやルックライク有りだから、黙って目をつぶるわけには行かないだろう・・・。

要は、日本国内と海外の現地が、がっちり手を組んで組あげたシステムであれば100%入国可能で、たとえ第六感で「ピン」ときても拒否すら出来ない。

3月15日からAACなどによる、在留資格認定証申請の受付が出来ない。この不足分を、愛・地球博覧会が補ってくれる・・・もうOS覚悟の娘もいるだろうし、当分間に合うほど大量な女性が入国してくる。

店舗サイドも、プロモもこれが最後の女だから、荒稼ぎに入り・・・組織暴力団同様に売春婦の入国を依頼するかもしれない・・・使用後に、組織暴力団へ譲渡する際に便利だからだ。

マル観ブローカー、実質職を失ったプロモ、そして今後独占して良いというお墨付きをお上からいただいた組織暴力団ご一行様・・・三つ巴の暗黙の戦いが始まる!!
3月25日以降、入国出口は外国人女性の待ち受けで、異様な雰囲気が漂うかもしれない・・・

当局は今後、興行という数あわせ用の外国人が手中に無くなり、どのようにして犯罪者摘発などの数合わせを行っていくつもりなのか?

上記のような入国者達は、居場所も勤務先も不明で、たとえ見つけたとしても、興行査証による出演店舗のおとなしい店員とは異なり、シノギがかかりホステスを失ったら自らの命に関わる店員が多いから、摘発は命がかかるという危険な仕事になってくる。

やっと8万人減らす政策が完了しかけたら・・・まさに、交流の舞台“EXPO 2005 AICHI,JAPAN”・・・愛・地球博という特需によって、興行の何十倍もの不法滞在予備軍が押し寄せてきてしまう・・・。そろそろ、小手先だけの水際作戦など・・・無駄な作戦・・・基本に戻って考えなおす時期だろう・・・。

トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
Copyright © 2004 Powered By FC2 allrights reserved. template by bartolina
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。