FC2ブログ
無限のバリエーションのあるパーティーBLOG      by:Bartolina
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- (--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-)
私事
Fblog050320-3.jpg日本、フィリピンへ行って遊びほろけている間に、知人が多く住んでいる黒海沿岸から中央アジアにかけて何かと騒がしい・・・スローライフのベースの一つが、アジア、ヨーロッパや中東の交差点とも言うべきトルコということもあって、私自身よく訪れる地域だから気にかかる・・・。

そして一番よく訪れるグルジアから煙が上っている、一昨年完全にEUへ向いてしまったグルジア・・・ウクライナもそうなったかと思ったら、モルドバがEU加盟を目指しウクライナと協力、キルギスもあっという間に政変、隣国のタジキスタン、ウズベキスタン、カザフスタンも「きな臭い」・・・ベラルーシでも反政府デモ・・・何事か起きそうなにおいがプンプン。
今月10日グルジア議会は、国内2箇所にあるロシアの基地(バトゥーミ、アハルカラキ・・・約3000名程度のロシア兵士駐留中)から、5月15日までに、年内完全撤退に合意するように議決した ・・・ このことにロシアが合意しなければ来年1月1日までに、ロシア軍の基地使用を停止するという強硬なもの・・・つまり、実力行使するという意味だ。

当然ロシアは、「正気を失ったのか?問題は脅しでは解決されない」と強行に反発、一触即発の状態にある・・・。すでに、グルジア軍の攻撃型ヘリコプターは全機米国製で、米軍も駐留している状況 ・・・ 米国の出方も微妙になっている。

ロシア国内のチェチェン共和国、北オセチア共和国、グルジア国内の南オセチア州、アブバジア共和国、アジャリア共和国(バトゥーミ共和国首都)など、カフカス山脈を挟んだ政治的な問題が入り混じっていて、非常に危険な状態であることは否めない。

ロシアから見れば、ウクライナからモルドバ、黒海を超えてグルジア、カスピ海を越えて中央アジアへと「民主化のドミノ現象」を、非常に恐れている ・・・ この辺で、大国ロシアの実力を見せ付けるためにも、理由付けが出来れば 「ガツンと拳骨を振り下げたい」 のが、ロシアの本音だろう ・・・ 。

ロシアは、米国が「自由と民主主義を世界に拡大する」というヘリクツを唱え裏で暗躍することを危惧している ・・・ そんなことから意外と、拳骨を振り下げる時期が早まるかもしれない。

すでに、ロシア国内のチェチェン共和国、北オセチア共和国に関したテロリストの基地が、グルジアの領内である、カフカス山脈に存在するということで、ロシア軍が実質攻撃を加えたこともあり・・・グルジアの反発は大きい・・・。

しばらくの間、グルジアから目が離せない・・・すでに首都トビリシには世界中から、いわゆる自称戦争屋(ジャーナリスト、etc)が大集してきて、あのベトナム戦争時の「サイゴン村」のようだ!

FPICT0036.jpg

トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
北オセチア共和国- align="center" colspan="2"|-首都ウラジカフカス-面積 - 総計ロシア連邦構成主体中:第85位1 E9 m²|8
2007/07/29(日) 05:43:37 | 『世界の国々』
Copyright © 2004 Powered By FC2 allrights reserved. template by bartolina
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。