FC2ブログ
無限のバリエーションのあるパーティーBLOG      by:Bartolina
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- (--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-)
安来節が似合う男
20050202103841.jpg週刊文春の記事(1月20日号) 《エーッ フィリピンパブが日本から消える!?》 

誰かが扇いで、外部ライターが持ち込んだものだろう、当ブログの読者の方にとってはすでに陳腐化した内容だが、現職の入管職員から裏取して記載されている点がありがたい。

「(坂中局長の)・・・目的を果たすために、米国務省のレポートを利用しただけのことです」

まさしくその通りで、官邸と坂中氏の利害関係がまさに一致!この現職入管職員の意見、現在の入管職員の声を代表しているといってよい。

しかし、誰も止められないほど 「狂信的豪腕 !」、さらに 「理論派」 で、まさに彼の右に出る者はいないから、入管は 《一時的にワンマンオーナーのいる個人企業化》 している、つまり 《占拠状態》 が続いている。
ただ文春では語られていなかったが、実は入管内部に彼以上に過激な職員がおり、彼をバックアップしているのも事実、坂中氏と共著(写真左)している○藤氏 がそれだ。

「そして問題なのは彼の思想傾向なんです」 ・・・ この坂中氏の信条は彼の著書『日本の外国人政策の構想(写真中)』を熟読していただきたい。

そのため、激しいPP取締りに力を入れてきた、過去のローラー作戦もそうだし、彼の歩いた後は、ぺんぺん草も生えないといわれるほどの内偵、摘発など、PPつぶしを一方的に行ってきた。

業界の意見を聞くことも無く、当然ながら業界指導も行わずほっぽりっぱなしだから業界が持つ身近な貴重な情報を全く吸い上げられなかった。手紙やネットの 《ねたみ節チクリ》 以外は、全く情報は無し。

そのため、いやいやながらの審査担当職員が、夜間残業で調査を行う・・・これとて、わずかな件数でしかない。全く、業務に熟知していない、現場知らずの頭でっかちの政策に、頭を痛めているのは、業界だけでなく入管職員そのものなのだ。

はっきり言えば、職員は全く 《公務員》 であるから、仕事なんかに情熱なんか無いわけ、「夜の実態調査をどうして残業までしてやらなければならないのか、摘発なら 《警備》 にやらせたらいいだろう」 との疑問が浮かんでくるのも当たり前 ・・・ 坂中氏のほうが、自説を通そうとやる気満々というわけ。 

いまさら当ブログが主張してきたような、筋書きだったとあがいても、今となっては始まらないが ・・・ 現在の入管の状況を垣間見ることが出来る ・・・ ことは大きい。元に戻ってしまった感があるが、案外法律の改正なんてこんなものなんだろ・・・どこかが捻じ曲げられた改正・・・。

ただ決して、坂中英徳(さかなかひでのり)氏憎しの記事であってはならないと思う。前にも書いたが、彼は《安来節が似合うおじさん》 そして、私の机上の友・・・入管法の逐条解説を書かれた著者だから・・・?
毎日、SPに付き添われ、自宅に帰れない日々が続いている・・・実際の宿泊先は丸秘と・・・いう。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
こちらにメールでコピーが届いたのが本日、諸先輩からtxtで届いたのも本日、もっとも表題だけは発行日に、読者からメールでいただいていたが・・・。

読者からも、当ブログの『フィリピンパブが消える日』と、似通っていたから「あるいはこちらへの取材でも?」という問い合わせが数件有りました。文春とは、全く無関係と申し上げておきます。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

坂中著作書
■ 日本の外国人政策の構想 日本加除出版 坂中英徳著 (写真中)
■ 出入国管理及び難民認定法逐条解説(全訂)日本加除出版  
       坂中英徳 齋藤利男  共著 (写真左)
■ 出入国管理法講義 法務省入国管理局参事官室
       齋藤利男 桐野裕一  共著 (写真右)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ ■ 当ブログ  フィリピンパブが消える日 (2) 2004年8月5日
■ 安来節が似合う 坂中英徳局長の顔写真( 2003年12月14日付愛媛新聞)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
Copyright © 2004 Powered By FC2 allrights reserved. template by bartolina
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。