FC2ブログ
無限のバリエーションのあるパーティーBLOG      by:Bartolina
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- (--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-)
風前の燈火
今あちこちのフィリッピンパブなどの、いわゆる外人タレントパブがあちこちで売りに出ている。まともにはやっていけないと感じたオーナー達 ・・・ だ。

〝人身売買罪〟施行後は、警察が直に動くことも多く、その結果 ・・・ 〝札〟の出ている関係者も出てきている。

さらに、認定証の不交付や審査をサボタージュして、結果を伸ばしに伸ばされている入管管轄では、「もうだめだ!」 とばかり店舗を手放すところがでているというわけ。
自分の都合で法の解釈をする方々や水を得た組織の連中とは別に、まともな考え方の持ち主で場違いの業界に入ってしまったオーナー達は ・・・ 前記のため息にも似た「もうだめだ!」発言を口走ることになる ・・・。

一方、フィリピンのマニラでは、現地のカラオケクラブの出演証明書などではごまかせない ・・・・ とばかり、大手の観光ホテルのショークラブを買い取ったり、仕切ったり、有名なテレビ番組まで買い取って、自前のタレントを出演させ ・・・ エンターテイナーつくりに励んでいる資金的に余力のあるエイジェントもある。

ただ大手にも悩みはある ・・・ つまり大量にタレント候補生を抱えた大手は、人身取引等の名目で、当局の摘発を受けることが多い ・・・ 要は、ステイインハウスが直撃されているわけ、もちろんタレント達はすべて引き上げられてしまう ・・・ (いいカモ扱いされているわけ)。

これも、統計上のデータつくりで、日本向けのデータでもある ・・・ 日本政府から、わざわざマニラへ職員を派遣して、送り出し側の〝自助努力〟と言うお説教 ・・・ ODAなどの油揚げがぶら下がっているので、何とか統計上の数字を出さなければならない ・・・ というわけ (一石二鳥・・・三鳥??)。

大手は、全くタレントには困っていない ・・・ つまり、少々の小金がかかってしまったという程度だろう。

資金力のないマニラのエイジェントは、しばらく日本行きは無理だろうと、他カテゴリーの労働者の派遣を行うところ、いまだに小手先のマジックで「夢よもう一度!」とばかりに、日本サイドのプロモと「あれこれと小手先仕事」を繰り返しているところと二極化 ・・・ 。

たとえ日本行きのタレントの査証が得られても、仕事の内容は〝ホステス〟では日本国内でばっちり摘発されるわけだから、〝うまみ〟はもうないと思うのだが ・・・ 組織の人間でもない者が、いつまでもしがみついている ・・・ 根っからの〝ピン中〟がまだ残っている。

もう、いやというほどカキコしている短期査証問題 ・・・ 中国は全地域が、観光目的の短期査証が免除になる ・・・ グループで入国させるチャンス到来とばかり、関係者の大陸への行き来が激しい・・・。

今は、日本の航空会社も領事館も後押ししてくれる・・・「信じられない」という言葉が出るほど、大陸の女性達が入国してきている。

もうフィリピンの時代は、米国務省によって終わらされてしまった ・・・ 今頃になって「人身売買報告書」 問題で騒いでも、後戻りはしないのだから ・・・ 新しい方向性を見出すために力をそそいだほうがいいかもしれない。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
■ 今162会期に提出されていた刑法などの一部を改正する法律(議案本文・・・提出時法律案)
■ 警察庁
■ 財団法人 社会安全研究財団
■ 米国務省 2005年人身売買調査報告書(国務省人身売買監視対策室)
■ 米国務省 2004年人身売買調査報告書(国務省人身売買監視対策室)
■ Prostitution is now the fourth largest source of gross national product in the Philippines 
■ TRAFFICKING OF FILIPINO WOMEN TO JAPAN : A CASE OF HUMAN SECURITY VIOLATION IN JAPAN (PDF 15ページ)
■ POLITICS-U.S. Human Trafficking Report Blames the Usual Suspects
■ 人身取引対策行動計画の概要 
■  国連国際組織犯罪防止条約及び三議定書 (外務省)
■  人身取引対策に関する関係省庁連絡会議 (内閣官房)

■ CASA ROSSA 2005/07/17 闇の人身取引ビジネス・トラフィッキング
■ CASA ROSSA 2005/02/07 人身売買被害者保護の影で・・・
■ CASA ROSSA 2005/01/11 人身売買罪の新設で、ほくそえむヤクザ
■ CASA ROSSA 2005/01/23 隠れた被害者 ・・・ インド洋大津波災害
■ CASA ROSSA 2005/01/08 人身売買罪・・・第一号は?
■ CASA ROSSA 2005/01/07 業者は組織犯罪者、タレントは売春婦
■ CASA ROSSA 2004/12/20 第三国経由のフィリイン人 
■ CASA ROSSA 2004/12/15 フィリピン人妻は売春経験者か?   
■ CASA ROSSA 2004/11/24 8万人から、8千人に・・・・ 
■ CASA ROSSA 2004/11/19 いよいよ内堀が埋まる・・・ 
■ CASA ROSSA 2004/11/18 人身取引はAACカードのせい?
■ CASA ROSSA 2004/10/10 女性性器経済
■ CASA ROSSA 2004/10/08 Trafficking in persons (4)
■ CASA ROSSA 2004/10/07 Trafficking in persons (3)
■ CASA ROSSA 2004/10/06 Trafficking in persons (2)
■ CASA ROSSA 2004/10/05 Trafficking in persons 
■ CASA ROSSA 2004/09/18 早く宣誓しようよ!
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
Copyright © 2004 Powered By FC2 allrights reserved. template by bartolina
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。