FC2ブログ
無限のバリエーションのあるパーティーBLOG      by:Bartolina
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- (--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-)
灼熱のマニラ ・・・ 偽造世界大会
自民党造反組みの新党名も WEBサイトも ・・・ さえないなぁ~。やっぱり電通なんかを利用して大胆にやらないとダメ ・・・ まじめすぎるんだろうなぁ~

そういう点から言うと、ホリエモンのようないい加減な奴を、担ぎ出したほうが効果はある ・・・ 小泉さんの方が上 ・・・ 

岡田さんも、まじめすぎ(かな?) ・・・ 今まで投票に行かなかった〝インポテンツ〟をいかに投票場へ出向かせることができるのか考えたらわかりそうなもの ・・・ 

大手のプロモは、さっさと外タレ業界へ見切りをつけ、他業界での〝シノギ〟に精を出しているというのに、弱小プロモション・スタッフ等が続々とマニラ入りしている ・・・。

P国側エイジェントと組んで、興行査証申請時の提出書類の一部である、タレントの公開興行場の証明書など、芸能人である基準を満たすための証明書等を作成しようということらしい。自分のPCを持ち込んでのIT作戦とか ・・・ いずれ各エイジェントに自慢話を聞かされそうだ。

入管提出用の書類偽造というと、南米(最近ではフィリピンなども多くなった)などの日系人査証用の偽造書類 ・・・ 一人の日本人に対して、日系人と称して200名までは日本へ渡れるというからすごい!

そして今国内で多いのが、外国人登録証のカード偽造や運転免許証どちらも7万円から20万円程度で販売されている ・・・ どちらも見ただけではほとんどわからない、駅などのポリスチェックには十分だし、後者は銀行などでの新規口座開設や携帯電話契約など身分証明の代わりに使われることが多い。

高額だが、見破られないものまで出現している ・・・ もちろん入管のチェック(データーベースチェック)を受けても問題ないという物も出回っているから怖い !!

いずれも摘発までは時間のかかる事件で、捜査するほうも〝体力勝負〟の地道な捜査活動がやっと実を結んできているようだ・・・が、まだまだ巷に出回っている。

外タレ業界内部でも、数年前源泉税の納付書へ押す〝銀行の収納済印〟の偽造で懲役を食らった者が何人か見られた。入管では100社以上のプロモがこの〝源泉税納付書〟の偽造を行っていた事実をつかんでいた様だが、警察により摘発されたのは10件程度 ・・・ 実際〝塀の中〟へご奉公された方が何人かいる。

この〝源泉税納付書〟の偽造、捏造については、以前からあった ・・・ いわゆる納付金額をペンなどで修正する〝書き加え〟などから、入管の近くの郵便局へ納付して、期間更新申請を終えてから、即郵便局へ走り〝納付取り消し〟をして納付全額を取り戻すもの・・・究極の源泉税納付書偽造、つまり〝銀行の収納済印〟を偽造(借りて)して偽の納付書を作成してしまうというもの・・・。

〝書き換え〟は、書き換えしやすい数字の小額の税金を支払い、納付後納付書の数字を高額なものに訂正するというもっとも原始的なもの・・・。

一方、同日内であれば〝納付取り消し〟ができるという、郵便局の制度をうまく利用した〝納付取り消し作戦〟は、源泉税の納付額が張るだけに多くの招聘会社オーナーが利用した。

そしてプロモのスタッフが、この制度を悪用してオーナーに黙って、高額の源泉税をフトコロに入れてしまうという ・・・〝空港でのエクセス・アルバイト〟に次ぐ臨時収入として多くのスタッフが試みた・・・。

50名招聘していれば、400万円という高額が臨時収入となるのだからスタッフも笑いが止まらなかったろう・・・。

〝納付取り消し作戦〟は、納付書そのものは偽造でなく、申請時にはあくまで〝本物〟だけに入管サイドでも手のつけようがなかったらしい ・・・ 郵便局自体もこれらの〝納付取り消し〟が多くなり、両者へ(納付者、入管へ)クレームをつけ出した結果、納付書をパスポート認証まで預かるという対策に出た。

そこで考えられたのが〝銀行の収納済印〟利用だ! 自社またはグループ内で〝収納済印〟を作ってしまう、または金を支払って〝偽造の収納済印〟を捺印してもらう(1回当たり3万円から5万円) ・・・ という強硬手段。

これも招聘会社オーナーだけでなく、オーナーには納付したと思わせスタッフが臨時収入のために黙って行うなど多発した・・・。

この偽造印は、残高証明などの銀行の証明書等にも使われているなど、今に始まったことではなかったが、招聘業界では関係者が摘発されて実刑を食らうという事件に発展してしまった。

誰もが(といっていいほど)気軽に行っていたことが ・・・ 有印私文書偽造、同行使などの重い罪となることを仲間が実刑を受けて実感 ・・・ あわてて収納印や社内の全文書を焼却したというプロもがたくさん出た。

実刑といえば、期間更新印の偽造も発覚して〝塀の中〟へお世話になっているなどいろいろ外タレ業界にも事例はある・・・。

今回マニラサイドで行われつつあるものも、前記のことと同じような犯罪というしかない・・・資格外活動とは意味が異なるような気がしてならない。もちろん、ここまでは偽装でもいいが、ここからは悪いという線引きはできない・・・だから、入国のためなら何でも行う・・・ということなのか?

ただいくら巧妙化し、精度を上げても所詮〝興行査証〟だということを忘れてはならない!それほど巧妙化する価値があるのだろうか疑問である ・・・

まさに、贋物タレントをでっち上げるための、偽造の世界大会が開催されているという感じする・・・。過去に行われたこととは異なる・・・驚くようなことが行われていることも事実だ!「そこまでやるの!」という感じ ・・・ (汗!)

行われていることの詳細は、まだここでは記すことはできないが、いずれ陳腐化してからここでカキコさせていただくことにしよう・・・。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
■ 国民新党(国民)ホームページ
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
プロ野球参入問題で一躍全国に名前を知らしめることになったホリエモン。最初の挑戦ではトンビに油揚げをさらわれる形で、楽天にうっちゃられた。第2ラウンドはライブドアによるニッポン放送株の買占め、フジテレビ乗っ取り。最終目的は達せられなかったものの、和解という形
2005/08/20(土) 11:06:18 | かきなぐりプレス
先日、衆院が解散した。なにやら郵政民営化法案が、参院を通過しなかったのがきっかけだそうだ。小泉君もやるねーと思ってTVを見ていた。しかし、騒動が起こると、なるほどね。と思うことがある。ここのところ、道路族議員達が妙に静かで、何も語ろうとしていない。郵貯の資
2005/08/19(金) 14:35:13 | GUSTO
Copyright © 2004 Powered By FC2 allrights reserved. template by bartolina
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。