FC2ブログ
無限のバリエーションのあるパーティーBLOG      by:Bartolina
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- (--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-)
パスポートが無くても楽々入国 ・・・ ニッポン!
国際テロ組織アルカイダの次のターゲットは〝日本〟かもしれないという!!

英国のテロは、決して他人事ではなく、明日の〝わが身〟だということ・・・本日のネット記事を見てフラッシュバックした・・・

パフォーマンス合戦で、選挙にうつつを抜かしているときではないのではないだろうか?選挙で大いに盛り上がっている日本、国際テロ組織の絶好のチャンスを与えていることにならねばいいが・・・

彼らがいかに簡単に日本へ入国できるのか、金で動く出入国審査官達 ・・・ 本当に日本の〝関所〟は大丈夫なのか?

8月24日愛知県警(組織犯罪対策課、外事課、中署)は、17歳から18歳までの3人の未成年フィリピン人女性を就労させていた、日本人及び監視役のフィリピン人男女3名の合計4名を入管難民法違反の疑いで逮捕した(中日新聞

未成年フィリピン人女性3名が7月下旬に不法滞在で摘発された・・そして〝1箇月後〟今回の者達が摘発された ・・・ 普通ならもっと早い。

場所も名古屋という ・・・ 詳細な情報がまだ入ってきていないから不明だが、ネット記事を読んでなんとなく〝ピン〟と来た・・・もう莫大な利益を上げただろうから、そろそろ〝あがっても〟いい頃だろう・・・。

名古屋栄東のリトルマニラには多くのフィリピン人不法滞在者が逃げ込んでいるが、組織によって興行査証とは全く別のルートで入国させられた〝パスポートを持たない〟フィリピン人女性が多く潜んでいる・・・。

内容が記事のままなら、またもや今回も摘発された〝使用者〟と〝フィリピン人女性〟だけに終わってしまうことになる ・・・ 果たして当局は〝本丸〟に行き着いたのだろうか?

当局も、時間をかけて〝落とした〟かもしれない・・・少なくとも、マニラサイドのエイジェント名は判明しているだろう・・・逮捕された未成年フィリピン人女性も監視役のフィリピン人も、本当の事はなかなか〝吐かない〟だろう・・・吐いてしまえば、帰国してからのリスクがあまりにも大きすぎる、逆に我慢して〝逃げ切れ〟ば堂々ともう一度〝入国〟できるからだ・・・。

彼女達は捕まったときのために、ブリーフィングした内容を必至に思い出し、返答したのだろうか?・・・ それとも?

以前、当ブログでも出入国方法を詳細にカキコしているが ・・・ 日本への出入りは、〝成りすまし〟の利用だ ・・・ 簡単に説明すると 《 お姉さんが日本人と結婚していて、妹がOS(オーバーステー) ・・・ OSの妹は、いつもお姉さんのパスポートで安全にフィリッピン間を行き来している 》 というよくあるケースの〝他人バージョン〟だと思えばいい。

このシステムのポイントは、入国審査官の勤務状況にかかっている、つまり〝マニラ便〟の時間帯の出入国審査勤務がある日でなければ〝GO〟はできない・・・。

あとはレンタル・パスポートを使って、マニラへの帰国者をスケジュールにのせる・・・マニラ入りしたパスポートで、日本行き希望者を入国させる(希望者は順番待ちしているほど多い・・・)。

一時、帰国者が少なく困ったこともあったと聞くが、入管法が厳しくなり、OS暦の長い者は圧倒的にこの方法を利用して、安全な帰国を選ぶだろうし・・・・さらに、このシステムで入国したものが、同システムで帰国することも多い ・・・ 

当局もあるいは、〝OSのなりすまし者〟と言う〝オトリ〟を放して様子を窺っていたのかもしれないのだ?

現在はこの〝成りすまし〟は、いまや完璧なシステムが出来上がっている・・・使用パスポートは日本人妻のオリジナル、出入国の同行エスコートはフィリピン人(偽装結婚や正規婚者)、日本の入国審査官も〝グル〟で、マニラの空港でもエスコート付だからもう99%安全で ・・・ 〝本丸〟も表面へ出てこない仕組み。

残りの1%? ・・・ 出入国審査で並んでいる際、直前で(新しい窓口が開いて)列を変更させられたとき ・・・ 航空機事故で、搭乗者が死亡などしたときまど ・・・ 

その場合は、同行エスコートから空港での〝待機組み〟へ連絡、〝待機組み〟から〝本丸〟へ〝本丸〟から〝パスポート貸し出し者〟へ連絡、〝パスポート貸し出し者〟は即刻警察へ〝パスポート盗難届け(紛失届け)〟を出して、後日パスポートと査証の再発給をしていただく・・・(ホッ!)。

高利で組織のものから借金をしてパスポートを担保に取られてしまうよりも、パスポート・レンタルに出して20万円を手中にした方が〝ダブル徳〟ということらしい・・・

入国してくる彼女達は、〝成りすまし〟だからブローカーが準備したレンタル・パスポートで入国してくる・・・つまり自分のパスポートは無いのだ! 

定期的に入国できる安全システムだから、当人達も〝勘違い〟しているかもしれないが・・・実は中国などから船底やコンテナに隠れて入国する〝不法入国者〟と同じなのだ・・・。

〝売られる〟ときはブローカーが、あくま正規のタレントを装ったり、仕方なくOSを装い・・・ブローカーによって作られた〝偽造パスポートのゼロックス(コピー)〟を持って働く・・・。

一方、審査官はというと ・・・ 自宅へFAXでもらった該当者への出入国印往復で〝40万円〟という・・・どうせ見込みの無い〝出先勤務〟に飛ばされたのだから、いっそ一財産を築けあげたほうがいいという考えなのだろう・・・

現行犯でない限り、オリジナル・パスポートの審査だからあくまで〝本人だった〟と答えれば問題はない ・・・ しかし、高額な不動産購入や高級車の購入などで〝自爆〟する審査官が結構いる・・・。

この手の審査官・・・捕まっても捕まっても〝新たに出てくる〟というから、入国審査官という職場環境そのものに問題があるのかもしれない・・・

一つのグループで千人弱のフィリピン人女性を、安全に出入国させた経験があるというから驚く ・・・ やはり臭いものは〝元〟から断たなければならない ・・・

しかし、〝本丸〟を知る者は、マニラサイドのエイジェントオーナー、数名のフィリピン人エスコート係、成りすまし用のパスポートを貸し出したフィリピン人(日本人妻)、そして組織の手に落ちている入国審査官程度で、出入国するフィリピン人女性は〝本丸〟が誰なのかを知ることはない・・・。

この完璧なシステムを阻止するには、やはりバイオメトリクス(生体認証)による完璧な本人確認システムを実施・完成させる以外ないだろう・・・。

現代の〝関所〟・・・空港の出入国審査官・・・〝やりすぎの意識過剰の馬鹿審査官〟もいるがほとんどは〝うつ病審査官〟のオンパレードといってもいい・・・状態なのだ!

他人のパスポートでも、なんら問題なく出国審査をパス・・・出国印が押されてしまう不思議・・・。

入国審査官の前に差し出されたもの(パスポート、ボーディングパス、外登カード)の正当性のチェック以外はしていない!・・・ 要は、この3点がそろっていれば、性別が異なっていないなどの致命的な異点がない限り問題なく通過できてしまう。

入国に厳しく出国は審査なしという国もあるから、日本だけがいい加減だということは言えないのかもしれないが、昔からその盲点を突いて多くのプロモが簡単に〝悪用〟してきた・・・。

つまり〝関所通過〟という違法行為は、組織だけのものではないということ・・・素人に毛が生えた程度の者なら、簡単に悪用できまたそれを悪用してきた・・・。

再記するが、帰国するパスポートが正規で、ボーディングパスがあれば、本人以外でも帰国できてしまう・・・・。

例えば、逃走(ランナウェイ)されて、手元に残ったパスポートを使って、OS(オーバーステー)を安全に帰国させるのに使用する・・・

在留期限が来た店舗売り上げナンバーワンのタレントを帰国させないで、そのパスポートで他人(OSなど)を帰してしまうのに使用する・・。

売り上げのいい子はそのまま店舗で使う・・・当然だが、さよならパーティを行い、数週間は遠隔地で働き・・・その後〝戻ってきたよ!〟と再入国を装う・・・ことはいうまでもない。このナンバーワンのタレントは、帰国したくなったら同じ方法でいつでも帰国させることができてしまう・・・

逃走が発生して、入管へまじめに報告すれば〝オタクは、管理が良くできていないな!〟とプロモは、お叱りを受けるばかり・・・あまり多いと申請・許可が難しくなる・・・

だから、前記のような・・・不法利用をしてあたかも帰国したかのような証拠つくりを計ってしまう・・・

上げたらきりが無いほどあるいい加減な出入国審査・・・

フィリピン人での実態を説明したが、テロリスト達の組織はもっと強大だろうし、資金も桁が違うだろう・・・。

彼らが、日本へ入国できないわけが無い・・・いとも簡単に出入りできるということだ。テロは決して他国だけの問題ではないということが、日本人が身をもって感じなければならない日が来ないことを望む・・・。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
■ 仏テロ捜査指揮官「アルカイダの次の標的は日本」   
■ アルカイダ、アジア金融都市攻撃を準備
■ 東京など攻撃準備との報道、国際的な協力態勢で万全期したい=細田官房長官
■ 東京もテロ標的と仏判事
■ 未成年フィリピン女性を監視・名古屋で男ら逮捕、不法就労を強制
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
平和ボケしている日本は大丈夫か令 アメリカのテロと同じでやられて初めてテロ防止に取り組んでも遅いって。 災害も同じで “備えあれば憂い無し” です。
2005/08/29(月) 23:31:47 | ~・アジアの帝王・~
アルカイダに日本攻撃計画?・・・
2005/08/29(月) 15:31:57 | Voices in the Wind
■7月、ロンドンで起きた同時テロ。多くの犠牲者を生んだ。■テロによっては何も変わらない。そういうことを示すためには我々は毅然とした態度をとらなければならない。「テロに屈するな!」とはそういうことだ。■テロを撲滅するために、断固とした態度に出なければならな
2005/08/29(月) 02:16:03 | あさってのほうこうBlog
フィリピン南東部の島でフェリー爆発、30人負傷アブサヤフ幹部逮捕褒賞を受ける情報提供者フィリピン南東部のバシラン島に停泊中のフェリーで爆発が起き、30人前後が負傷した。バシラン島の軍司令官はロイター通信に対し「人々を傷つけ、怖がらせるのが目的でテロリストの
2005/08/29(月) 00:32:34 | SHAKE ! asia Marmeid
不法入国対策として生体認証システムの一刻も早い確立を
2005/08/28(日) 20:58:20 | 曇りのち晴れ
アルカイダ、次の標的はアジアの中心としか(CNN.com 8月26日) ロンドン(ロイター) 国際テロの捜査を担当するフランスのジャンルイ・ブリュギエール予審判事は25日、国際テロ組織アルカイダが次の標的として、東京やシンガポール、シドニーなど、アジアの金融の中
2005/08/28(日) 08:45:44 | Route 53
ロイター 以下抜粋 フランスの国際テロ捜査の予審判事は、26日付の英フィナンシャ
2005/08/28(日) 06:17:42 | 一日考察 色々な感想
 また始まった。ありもしないことをでっちあげて、次は何をたくらんでいるんだか。全く飽き飽きさせられるニュースを目にした。東京でない場合はシンガポール、シドニーだとか。  そういうのがあれば経済的な打撃は確かにあるだろうけど、日本人はそれくらいじゃ変わらない
2005/08/27(土) 12:39:26 | 煩悩のお散歩
Copyright © 2004 Powered By FC2 allrights reserved. template by bartolina
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。