FC2ブログ
無限のバリエーションのあるパーティーBLOG      by:Bartolina
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- (--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-)
投票率は 3% ・・・
いよいよ今晩体制が判明する ・・・ 小泉劇場 ・・・

海外に3ヶ月以上在住する日本人有権者が投票できる「在外投票」・・・今のところ、衆参両院の比例代表選挙に限るわけだが、その投票率は前回3%(昨年夏の参院選)だった。

今回の投票率はどうだろう ・・・ ネットなどの影響で世界が近距離に ・・・ その結果、「小泉劇場」への参加意識も高まるのではないか?と思っているが、思わぬトラブルも起こっている。
在外公館への「在留届」を済ませれば、投票できると思っている方が結構多いが、事前に日本の市区町村選管(最終住所の)が管理する「在外選挙人名簿」に選挙人登録して、「在外選挙人証」が交付してもらっておく必要がある。

この「在外選挙人証」・・・交付までに2ヶ月から3ヶ月もかかるという状態なのだ・・・もちろんこの行為を海外へ出てからも在外公館を通じてできるが・・・。

思い立ってから、それでは投票に!と思っても〝ときすでに遅し〟なのである・・・・。

日本国内の場合、住民登録を完了した時点で選挙の際には、自動的に「選挙用のはがき」が送付されてくる ・・・ そのことを考えると、在留届をすれば在外選挙人名簿に登録されたと考えるのも仕方がないのかもしれない・・・。

投票率の問題も・・・投票の煩雑さが原因と考えられないことも無い・・・もっと気軽に、簡単に投票できるシステムが必要なのかもしれない・・・。

比例区だけでなく、これだけ国際化がすすみ海外で居住する日本人もますます多くなってくる・・・「海外区」などの意見も出ている・・・。

9月14日午後3時に「在外邦人の選挙権制限」を巡る初の憲法判断が、最高裁判所大法廷で示される・・・まさに「郵政民営化に反対の自民党支持者」などは、比例区だけでは自分の意思が反映されない・・・ということなのだろう・・・。

海外区が簡単にもうけられるとは思わないが、せめて今回のサマワの自衛隊員ら600名もの方が投票できないが、同じ自衛隊でも船上の自衛隊員は艦内で投票ができる・・・といったようなことを無くして、一般の国民(海外旅行者含めて)もすべて海外でも〝不在者投票〟などができるようにすべきだろう・・・。

案外、海外旅行で他国で投票をしてみようなどというやからも現れるかもしれない・・・もっと時代に即した公職選挙法に改正すべきだ・・・。

そのためにも、海外で暮らす我々は自分達の権利の一つ〝在外選挙〟を棄権すべきでない・・・。

今回フィリピンの在留邦人、実際に投票に行かれた方はどの程度だったであろうか?
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
■ 在外選挙情報<第44回衆議院議員総選挙>
■ IT時代の選挙運動に関する研究会について(総務省)
■ 在外選挙とは  (外務省)
■ 選挙期間中のHP書き換え、総務省「公選法に違反」
■ パフォーマンス上手が圧勝
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
Copyright © 2004 Powered By FC2 allrights reserved. template by bartolina
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。