FC2ブログ
無限のバリエーションのあるパーティーBLOG      by:Bartolina
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- (--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-)
歴史的 ・・・ 逆転勝訴
衆院選挙は、予想したとおりというより予想以上の〝大入り、小泉劇場〟で終了、・・・ 投票日の3日後、注目の最高裁大法廷の〝在外選挙〟の判決があった(各紙共に、3日前よりも多くの紙面を割いていると聞く・・・)

なんと判決は・・・〝逆転勝訴〟・・・ 立法の不作為を違憲、違法という判断、たった原告一人当たり5,000円とはいえ、国賠法まで適用したことは歴史的勝訴だ・・・。

・・・その結果、次回の選挙まで公職選挙法の改正がなされることになる。

有権者数がしかも少ない徳島1区と比べると3名の議員を選出できる72万人が暮らす、海外の有権者は今後ますます増加するだろう・・・。
公職選挙法が改正されて、小選挙区は最終住居地(または本籍地)での投票ということになるのだろうが、できれば〝海外区〟を設けて在外日本人の代表者を国会に送ることが望ましい・・・・。

そして、公選法改正時に是非とも考慮してほしいこと・・・いろいろあるが、次の2点を希望する・・・

それは、「在外選挙人証」を得るまでの手続きの煩雑さの解消 ・・・ 《 在外有権者数72万ほどに対して、登録者数はたったの8万人というのは、この手続きの煩雑さからだ・・・ 》

そして、不在者投票などが海外で行使できるようにすること ・・・ 《日本人の場合、どうしても住民票、印鑑証明などもろもろの書類が必要なため、住民票を日本に置いたまま海外生活をする方が非常に多いからだ・・・》

以前から、海外に居住するものとして〝在外選挙〟に興味があったことは当然だが、それ以上にこのネットワークグループの存在に興味があった・・・

海外有権者ネットワーク ・・・ 1996年8カ国の53人が原告となり提訴、1審、2審とも敗訴だったのにもかかわらず、最終的に13名(米国、英国、フィリピンなど海外11名、帰国者2名)に減ったもののがんばり通してついに ・・・ 逆転勝訴!

各国に散らばる原告達の最大の武器は、インターネットだったろう・・・ネットを利用し世界中の仲間が集い、世論の支持を受けるための努力、そして日本の各政党への訴えなど地道な努力が実ったというわけ・・・あきらめずにガンバレばできるということだろう!

フィリピンパブの問題も、腰抜けの業界人たちはどうしようもないとしても、せめてフィリピーナの日本人〝夫たち〟がまとまって〝フィリピン人妻は売春婦〟的なでたらめな濡れ衣を払拭する行動を起していれば、もっと状況が変わっていただろうと思う ・・・ このグループを見てそう感じた。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
■ 投票率は 3% ・・・   CASA ROSSA 9月11日
■ パフォーマンス上手が圧勝   CASA ROSSA 8月14日
■ 平成16年の海外在留邦人数調査統計(外務省)
■ 平成15年の海外在留邦人数調査統計 (外務省)
■ 海外有権者ネットワーク・UK
■ 同居家族による在外選挙人名簿への登録申請及び在外選挙人証、投票用紙等の緊急連絡先での受領 (外務省)
■ 在外選挙権最高裁判決要旨
■ 在外投票訴訟 (在外選挙)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
 最近、叩かれ放題で衰退の一途をたどる外国人タレント業界のことを業界の皆さんと一緒に考えてみようという企画ブログです。  タレント業者(招聘業、クラブ関係者)の方のみのサービスとなりますが、「元」業者のかたも歓迎いたします(私もそうです、が、再起を図っ.
2005/09/26(月) 19:10:37 | 外国人ショークラブ活性化計画
在外邦人選挙権制限違憲判決についていくつかブログを参照していたところ、hkkkdさん(北海道に住む某国家公務員の日記)の「在外邦人選挙権制限違憲判決について(その3)」という記
2005/09/19(月) 20:17:27 | law_blog
9月11日に日本で行われた「第44回衆議院議員総選挙」。日本での最終確定投票率は小選挙区が67.51%、比例代表が67.46%と、1996年に小選挙区比例代表並立制を導入して以来、過去最高を記録した一方、海外で生活する在外邦人を対象にした在外選挙の投票率は、前回比9.85ポイン
2005/09/17(土) 20:25:05 | 中国語のオーヴィン◇キトクBLOG◇
在外選挙権の制限は違憲 立法の怠慢指摘 最高裁判決 海外に住む日本人に国政選挙の選挙区での投票が認められていないことをめぐる訴訟の上告審判決で、最高裁大法廷は、海外在住者について 「選挙権を制限する公職選挙法の規定は憲法に違反する」との判断を示した。そのう
2005/09/17(土) 08:31:42 | アスピリンカフェでちょっと一息
平成17年(2005年)9月14日に最高裁大法廷判決がでました。そこでは、1.平成8年に実施された衆議院総選挙当時、在外国民の投票を全く認めていなかった公職選挙法(平成1
2005/09/17(土) 01:28:13 | Because It's There
<在外選挙権訴訟>公選法の選挙権制限は違憲 最高裁判決(毎日新聞)
2005/09/17(土) 00:28:35 | The Blog of ウラ達ネット
山梨県の有権者数と同じくらいの票数が活きることになりました。 与野党、頭をつきあわせて、早急に選挙法の改正作業に入るようです。 で、ついでと言ってはなんですが・・・ ネットでの選挙活動も解禁(合暴)出来ませんかね。 政党のHPも、議員さんのBlogやらも更新中止で
2005/09/16(金) 14:43:16 | 【音静庵】 鏡の間
TBありがとうございました!
2005/09/16(金) 09:53:12 | 公務員試験研究
Copyright © 2004 Powered By FC2 allrights reserved. template by bartolina
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。