FC2ブログ
無限のバリエーションのあるパーティーBLOG      by:Bartolina
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- (--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-)
タミフル
FBLOG051212-4坂○に干されたプロモや店舗オーナーたち、あの手この手でしのいでいる・・・。

11月まであれほどあったマニラのドラックストアの《タミフル》が12月になって、一気に姿を消した。もうどこでも手に入らない・・・インターネット個人輸入で1箱(10カプセル)4万円台をつけたからだ・・・。

マニラでは2000ペソもしない、タミフルを日本へ持ち込めば、どんなに安く販売しても1箱から1万円以上の利益がでてしまう。当然のことだが、薬事法違反となることを忘れてはならない・・・。
1フライト100個持ち込んだだけで、100万円以上の利益が即でてしまう・・・いま、秘密裏に買い込んでくれる業者がいくらでもいるらしい・・・。

スイスのロシュ社が特許権を持つが、インドネシア、タイやフィリピンなどでは、特許を得ていない・・・いずれの国も、コピー生産を開始するようだ・・・間単に入手できるようになったら、マニラ線はタミフル・エアラインと化するだろう・・・。

もっとも、ロシュ社は特許を取得している国でも、積極的にライセンス生産を認めているようだが・・・・それでも生産が間に合っていないようだ。

新型インフルエンザが発生してから、6ヵ月後までのショートビジネス、違法とわかっていても、物があれば日本へ持ち込む者が後を絶たないだろう・・・・まさに、時間との戦いとなるらしい。

ヨーロッパでも同様に入手困難だし、11月に訪れた旧ソ連の某国でも二千円程度であったタミフルが、現在はどこのドラッグストアにも見当たらない・・・あったとしても高価すぎて、とても手に入れることができないと嘆いていた・・・。

厚生労働省では、パニックを防ぐために・・・十分間に合っていると嘯いているが、実際は入手困難なことはすぐにわかる。

国も各県も必死に買いあさっている・・・海外邦人へは在外大使館で、入手できるようにするというからありがたい。

副作用がどうとか騒がれているが、使用するかどうかは別として、自分の家族の分だけは確保した。
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
Copyright © 2004 Powered By FC2 allrights reserved. template by bartolina
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。