FC2ブログ
無限のバリエーションのあるパーティーBLOG      by:Bartolina
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- (--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-)
4%でも虐めにあう・・・フィリピン人
Fblog060228-8たった4%とは言わない・・・ 事が人身取引に関することだからだ!しかし、この4%が偽りであることは、以前から繰り返し書き込んでいる・・・

記事にあるように、昨年栃木県で摘発された外国人713名のうち、ホステスや風俗店従業員として働いていた30名(4.2%)のフィリピン人やタイ人を問題にしている・・・栃木の場合、もっと問題視することがあるのにもかかわらず、4%の外国人を記事にしている・・・何か別の意図でもあるのだろうか?

フィリピンに関していえば、記事にあるような・・・借金を背負わされて、売られてくる者などいない・・・ほとんどが自ら望んで来日するものばかり。フィリピンでは人口の1割以上が、海外へ出稼ぎに出ている・・・身近な者が海外で働いている・・・仕事があれば自ら海外へ行くことが当たり前のことなのだ・・・これは誰でも承知のはず・・・
そして、頭のいい彼女たちは、「摘発されたり」や「お店がいや」になったら「人身取引の被害者ぶる」ことを、いやというほど頭にたたきこまれてきてるということ・・・つまり「最後の切り札」を持って来日している、彼女たちは決して「弱い立場」などではない・・・

それでも女の子達に、強行に出れる立場のプロモや店舗オーナーたちは、帰国後も彼女たちに「打つ手」を持っている組織暴力団関連の者たちだけ

入管当局は、その辺の区別は付いているが、それでは「○中局長個人の目的の達成ができない」から、「だんまり」をきめた(いる)だけ・・・

なぜなら、「興行=人身取引の被害者=売春」の図式が崩れてしまっては、突貫工事で済まさなければならなかった人身取引ランクのアップが図れなくなる・・・官邸の至上命令が達成できなくなってしまうからだ・・・・

○中局長にとって、棚ボタ式に「米国務省からの人身取引ランキング発表」の話しが転がり込んだ!(○中は、なんと運の強いやつだろう)・・・・

調書中の「興行査証」の言葉をたくみに利用して、「資格外」だけでは「元から絶つことができない外タレ業界を」一気に破壊するために官邸を利用する・・・官邸も、即急にランクアップが図れるからその提案に「のった」・・・・。

米国務省の本来の目的「組織暴力団をつぶせ!」には、目もくれずにお互いの目的を達成するために ・・・ この時点から興行を撃破することは「個人のねたみ」から国家として「人身取引を根絶するため」にすり変わった・・・

いま当の本人は職を離れ、残された者達は彼のしたこと(フィリピン人タレント=人身取引被害者=売春婦)の正当化を図るべく、でっち上げデータを作り上げるべく局をあげて日夜「努力」をしている・・・本当にご苦労様!

個人的な嫉み、個人理論の裏付け、そしてあってはならぬ組織暴力団からの脅しに屈服し、興行査証つまりフィリピン人タレントたちを人身取引の被害者に「はめた」わけ・・・

然るに、興行査証での来日者の「ほとんどが、人身取引の被害者」に向けて、大キャンペーンが繰り広げられた・・・・事実を知らないメディア人たちも、フィリピンパブで働くフィリピン人たちを、全国民に「売春婦・犯罪者」として印象付けるという、当局に手をかす重罪をおかした・・・。

もちろん中には、人身取引被害者もいるだろう、そういうものは徹底して加害者をつぶせばいい、何が何でも資格外を人身取引の被害者にはめ込む必要はなかろう・・・

メディア人たちよ、4%の中身を再度フィルターにかけてみろよ!そうすれば「堀江メール」と大して変わらないデータであることに気が付くだろう・・・

当局から、作られたデータが発表されるたびに、フィリピン人たたきが繰り返されている、動かない外タレ業界をあてにできないから、その度にここに書き込むことを繰り返していくつもりだ・・・。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
■ 昨年の外国人不法滞在最多 713人出稼ぎ“被害者”救えるか(栃木県)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
■ 人身取引の被害者、最多の117人に・2005年
■ 人身取引被害で6カ国の115人保護・昨年、法務省調査
■ 人身取引で115人保護 6カ国、「興行」資格6割
■ 人身取引で115人保護
■ エンターテイナーを介護士に
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
■ 今162会期に提出されていた刑法などの一部を改正する法律(議案本文・・・提出時法律案)
■ 警察庁
■ 財団法人 社会安全研究財団
■ 米国務省 2005年人身売買調査報告書(国務省人身売買監視対策室)
■ 米国務省 2004年人身売買調査報告書(国務省人身売買監視対策室)
■ Prostitution is now the fourth largest source of gross national product in the Philippines 
■ TRAFFICKING OF FILIPINO WOMEN TO JAPAN : A CASE OF HUMAN SECURITY VIOLATION IN JAPAN (PDF 15ページ)
■ POLITICS-U.S. Human Trafficking Report Blames the Usual Suspects
■ 人身取引対策行動計画の概要 
■  国連国際組織犯罪防止条約及び三議定書 (外務省)
■  人身取引対策に関する関係省庁連絡会議 (内閣官房)
■ CASA ROSSA 2006/02/18 人身取引 ・・・ 「興行」資格 6割のうそ
■ CASA ROSSA 2005/07/17 闇の人身取引ビジネス・トラフィッキング
■ CASA ROSSA 2005/02/07 人身売買被害者保護の影で・・・
■ CASA ROSSA 2005/01/11 人身売買罪の新設で、ほくそえむヤクザ
■ CASA ROSSA 2005/01/23 隠れた被害者 ・・・ インド洋大津波災害
■ CASA ROSSA 2005/01/08 人身売買罪・・・第一号は?
■ CASA ROSSA 2005/01/07 業者は組織犯罪者、タレントは売春婦
■ CASA ROSSA 2004/12/20 第三国経由のフィリイン人 
■ CASA ROSSA 2004/12/15 フィリピン人妻は売春経験者か?   
■ CASA ROSSA 2004/11/24 8万人から、8千人に・・・・ 
■ CASA ROSSA 2004/11/19 いよいよ内堀が埋まる・・・ 
■ CASA ROSSA 2004/11/18 人身取引はAACカードのせい?
■ CASA ROSSA 2004/10/10 女性性器経済
■ CASA ROSSA 2004/10/08 Trafficking in persons (4)
■ CASA ROSSA 2004/10/07 Trafficking in persons (3)
■ CASA ROSSA 2004/10/06 Trafficking in persons (2)
■ CASA ROSSA 2004/10/05 Trafficking in persons 
■ CASA ROSSA 2004/09/18 早く宣誓しようよ!
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

FC2BLOGJRClogoSいまはマニラで騒いでいるときではなかろう・・・レイテはいったいどうなるんだ!



fcsbloglk1





トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
Copyright © 2004 Powered By FC2 allrights reserved. template by bartolina
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。