FC2ブログ
無限のバリエーションのあるパーティーBLOG      by:Bartolina
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- (--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-)
フィリピンパブ世界へ
Fblog070406-2ちょっと大袈裟だが、カラオケ並みにPPが全世界への道を歩み始めている ・・・

意外だが、主にイスラム圏内でフィリピン人のショータレントが急増している、別に今に始まったことではない ・・・ といわれる方もおられるだろうが、フィリピン人タレント数が急増しているのだ ・・・。

私の感じでは、フィリピンクラブが日本で急増する前の感じに似ている、間違いなくここ数年で急増するだろう ・・・

いまや、フィリピン政府が好まないような国々まで、フィリピン人タレントが出演している。

理由は簡単で、フィリピン人女性の魅力にとりこになっている現地人が多いということ ・・・ 現地人たちがこぞってフィリピン人タレントを歓迎している ・・・ わけ。

周りの美人の白人タレントたちをよそに、チビで浅黒いフィリピン人の人気が急上昇 ・・・ なのには驚く。
タレントの評判も上々で、店舗内の泥酔者管理もいい、日本のように同伴もない ( 逆にデートが発覚したら数百ドルのペナルティ )、宿泊も日本のように1部屋にすし詰・2段ベットでなく、きちんとしたホテル宿泊と環境もいい。

ラマダンには仕事が無い、出演時間帯 ( ほとんどが深夜から朝方までの7時間勤務 )、毎月血液検査を受けるなどなど日本とは異なることも多い ・・・。

査証も最長1年のところもあり、ワークパーミットも出るところがほとんど、チップがまかり通っていることもあってか、一晩のチップが多額で、月2000ドルは下らない ( トップクラスは一桁違う ) というから驚きだ!ドリンクバック ( ボーナス制度もアリ ) などもあって日本のフィリピンクラブそのもの ・・・・

日本を経験しているタレントは、何もかも自分で出費しなければならない制度に戸惑うことがあるらしいが、それ以上に実入りがあるからそれも苦にならなくなるらしい。

長期間じっくり稼げるイスラム諸国に人気が出ていることには間違いないらしい。

タレントの悩みは、結婚を迫られること ・・・・ ただし、イスラム特有の 「 X番目の奥さんになってくれ 」 のことばだそうだ ・・・


店舗あたりのタレント数は、50名をこえる店舗 ( 100名近い店舗も数店舗見た ) が普通、ほとんどが多国籍クラブ ( そのほとんどは東ヨーロッパ、ロシア圏だが、西ヨーロッパからも結構いる ) でショーが主体、指名制度は無かったがいずれ指名制度が出来るだろう ・・・ つまり、イスラムの多国籍クラブは日本式フィリピンクラブシステムへ向けて全色力で突っ走っている感じを受ける ・・・ 今後が楽しみだ。

トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
Copyright © 2004 Powered By FC2 allrights reserved. template by bartolina
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。