FC2ブログ
無限のバリエーションのあるパーティーBLOG      by:Bartolina
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- (--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-)
人身売買罪・・・第一号は?
20050202104315.jpg激的な当局のいじめから逃れることができた店舗やプロモは、いずれ人身売買罪の摘発を受けるのではないか?と心配されていると思う。

ちょっと早すぎるが、誰が業界史に残る 《第一号で摘発》 を受けるかという話が出ているらしい。もっともほとんどの方は、それまで自店舗やプロモが持ちこたえているかどうか?の心配の方が先らしい。

売春などを行っていた犯罪組織が経営するなどの店舗摘発は別として、東京入管は昨年5月20日に江戸川区小岩のPPを資格外活動容疑で立ち入り調査を行い、タレント19名を強制収容した。

東京入管は、この全員フライングの店舗を 《人身売買》 と判断して摘発に踏み切った、さらに不法就労助長罪での告発も検討(読売新聞朝刊2004年5月21日)。
今まで一般的に行われてきた、フライングがタレントの発言によっては、人身取引に該当してくるのだろう。オリジナルでホステス行為についてはどうなるものかなど、興味津々と言うところだ。

当然、今後厳しい姿勢で対処されるだろうから、処罰範囲の拡大解釈や逮捕監禁罪の法定刑を加重されることになるだろう。当局側は、決して売り渡し10年以下、買い付け10年以下(営利、わいせつ目的)の人身売買罪だけで済ますとは考えていないだろう。

人身売買罪の新設し、入管法、風営法など含んだ刑法改正案を今月の通常国会に提出し可決される予定だ。これで、「国連国際組織犯罪条約」及びこれに附属する「議定書(人身取引議定書)」批准に向けた準備が整う。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
警察庁では対処法を、警視庁、各管区警察局及び各都道府県警察(方面)本部長宛に 《人身取引の的確な把握、取り締まりの強化の徹底を指令》 し、人身取引についての 《教材ビデオ》 を全警察署に配布している。

つまり具体的な取組について ・・・ その実態を的確に把握し、取締りを強化するとともに、この種事案が確認された場合には確実に、かつ遅滞なく報告すること ・・・ とされている。

《この文書、平成15年4月の文書であるから、今後多少変更が生じることもあるかもしれないが、具体的対処法などが記載されていて、非常に参考になる文書なので、内容の一部を列記する》

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
※ 下記の3つの用件を備える事案を人身取引事案としている。

() 「搾取(売春等の性的搾取、強制労働等)の目的」
  ■ 接待飲食等営業、性風俗特殊営業等に従事する外国人女性等に対し、ブローカー、雇用主等が、入国費用、就労先のあっせん手数料等名下に高額の債務を負わせ、返済が終わるまでパスポートを取り上げたり監視下に置いて売春等を強要している場合

  ■ 建設現場や工場等で稼働している外国人労働者に対し、ブローカー、雇用主等が、入国費用、就労先のあっせん手数料等名下に高額の債務を負わせ、返済が終わるまでパスポートを取り上げたり監視下に置いて低賃金で長時間労働を強要している場合

() 「欺もう、脅迫、権力の乱用等の手段」
  ■ ブローカー等が、外国人女性等に実際は売春等をさせるにもかかわらず、ホステスに従事させるなどと偽って勧誘していた場合

  ■ ブローカー等が、外国人女性等が逃げ出したり、借金を返済しなかった場合には、本人又は家族に危害を加えるなどと脅迫していた場合

  ■ ブローカー等が、親など外国人本人の立場を左右する者に、契約金等名下に金銭を渡すなど利益を享受させていた場合


() 「人を採用、運搬、移送、蔵匿又は収受する行為」
  ■ ブローカー等が、外国人本人の渡航に当たり、旅券、査証(いずれも正規、偽造の別を問わない)航空券等を用意するなど便宜を図っていた場合。

  ■ ブローカー等が、外国人本人の渡航に際して、飛行機や船に同乗して各種手続きの手助け等をしていた場合

  ■ ブローカー、雇用主等が、我が国到着時から滞在場所まで外国人本人を案内・同行し、又は、滞在場所から外出を制限するなどして、取締りを免れさせていた場合

  ■ 雇用主等が、入国した外国人をブローカー等から譲り受け、稼働させていた場合


《各都道府県警察が取り組むべき事項》  

(1 ) 人身取引容疑事案の情報収集及び内偵捜査

ア 的確な情報収集
暴力団対策や外国人対策を所掌する部門、地域警察部門等と連携を図りつつ、また、風営法に基づく立入りを効果的に行うなどして、外国人女性等が稼働する店舗、外国人労働者が稼働する建設現場や工場等の実態の把握に努め、人身取引事案に係る外国人、ブローカー、雇用主等に関する情報の収集に努めること。

イ 積極的な事件化
人身取引容疑事案を認知した場合においては、悪質なブローカー、雇用主等の取締りや国内外のブローカーの組織的背景の解明を念頭に置いて、風俗関係事犯、売春関係事犯及び外国人雇用関係事犯としての事件化に向けた捜査を積極的に行うこと。

ウ 合同・共同捜査の推進
ブローカー等が多数の外国人を監視下に置き複数府県において稼働させている場合など広域にわたる事犯については、警察庁生活環境課に速報するとともに、合同・共同捜査を積極的に推進すること。

(2 ) 外国人の身柄確保時における措置

ア 人身取引事案該当性の確認等
風俗関係事犯、売春関係事犯及び外国人雇用関係事犯に関して、事件捜査、入管との合同摘発等により身柄を確保された外国人は、多くがその後、入管法、売春防止法等の違法行為の被疑者として検挙されるか、入管法第62条の通報に基づき同法第39条により入管収容となるが、いずれの外国人についても、身柄確保時に警察において本人及び関係者から、国籍、滞在資格、稼働状況等についての事情聴取等を行い、あわせて人身取引事案に係る者であるか否かを確認すること。

また、人身取引事案に係る外国人の中には、本人又は本国の家族に危害が加えられることへの恐怖感、高額の債務が残存している場合の不安感、ブローカー等から事前に警察に対する不信感を植え付けられていることなどにより、供述を拒否する又は真実を述べない傾向がみられるため、人身取引事案に係る者であるか否かの確認に当たっては、関係者の供述や捜査で判明した事実等を特に参考とすること。

なお、人身取引事案に係る外国人であることが確認された場合には、特に、国外のブローカー組織との接触の経緯、パスポートや査証の入手の経緯、我が国への入国のルート等その組織的背景について、詳細に聴取すること。

イ 適切な取扱い
人身取引事案に係る外国人の取扱いに当たっては、その心情面に十分配意するとともに、置かれていた状況に応じて、恐怖感、不安感等を取り除く措置を検討すること。特に、性的搾取を受けていた外国人女性等については、女性警察官による事情聴取医師の診察心理カウンセラーの派遣等を検討すること

ウ 人身取引事案確認の都度の報告
平成15年1月1日以降、風俗関係事犯、売春関係事犯及び外国人雇用関係事犯に関して身柄を確保した外国人について、人身取引事案に係る者であることが確認された場合にはその都度同事案に係る外国人については様式1ブローカー、雇用主等については様式2により、警察庁生活環境課(事件・外国人労働者対策係)宛P-WANにて、遅滞なく報告すること(1月1日以降本日までの間に確保した外国人については、資料等から人身取引事案に係る者であるか否かを確認の上、報告すること。)

なお、同事案に係る外国人が検挙されず入管収容となった場合や、同事案に係る外国人本人の供述は得られないが、関係者の供述や捜査で判明した事実等によりトラフィッキング事案に係る者であることが推認された場合についても、これらの外国人は報告対象とする。

(3 ) 徹底した突き上げ捜査と不正収益の剥奪

人身取引事案に係る検挙事件については雇用主の立件にとどまらず暴利を貪る悪質な国内外のブローカーや、その背後で暗躍する犯罪組織への突き上げ捜査を徹底すること。また、組対法の適用や課税通報により、不正収益の剥奪に努めること。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
【人身取引の定義】
「搾取の目的で、暴力若しくはその他の形態の強制力による脅迫若しくはこれらの行使、誘拐、詐欺、欺罔、権力の濫用若しくは弱い立場の悪用又は他人を支配下に置く者の同意を得る目的で行う金銭若しくは利益の授受の手段を用いて、人を採用し、運搬し、移送し、蔵匿し又は収受することをいう。

搾取には、少なくとも、他人を売春させて搾取すること若しくはその他の形態の性的搾取、強制的な労働若しくは役務の提供、奴隷若しくはこれに類する行為、隷属又は臓器摘出を含める」

上記規定する手段が用いられた場合には、人身取引の被害者が、規定する搾取についての同意をしているか否かを問わない。

搾取の目的で児童を採用し、運搬し、移送し、蔵匿し又は収受することは、上に規定する何れの手段が用いられない場合であっても、人身取引とみなされる」
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
Copyright © 2004 Powered By FC2 allrights reserved. template by bartolina
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。