FC2ブログ
無限のバリエーションのあるパーティーBLOG      by:Bartolina
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- (--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-)
あだ討ちにあう日本人 ・・・ イスラムのフィリピンクラブ
FBLOG070988-1すっかり影を潜めた日本のフィリピンパブ、一方イスラム圏内でのフィリピン人タレントが急増しして活きが良いことは、以前お話した。

イスラム圏内でのフィリピーナの仕事が、ちょっと誤解されている方々が多いようなので、彼女たちの名誉のために、ちょっと重複するが再度お話しておこう。

彼女たちには同伴は無い、お店への行き来は店舗サイドの車両で移動、宿泊はホテルだからフロントには24時間スタッフがいる、パスポート及び警察の労働許可証はタレントが所有している

日本じゃぁ・・・強制同伴あり(お客は、大いにSEXを期待する)、お店へはタレント各自・・・閉店後お客とデートあり・・・、宿泊はアパートやマンション、多段ベットですし詰め、パスポートは逃亡阻止のためとはいえ渡されていない・・・ムムムッ全く正反対!!・・・
イスラム圏のシステムでは、あなたの奥さんは売春婦か?などという恐れは全く無いが、結婚するタレントは少ないようだ・・・なぜなら、お客のほとんどはモスリムだから 「私のXX番目の奥さんになってくれない?」 ・・・フィリピーナにちょっと耐えられない言葉のようだ・・・それでも結婚するタレントは出ているというから驚きだ・・・。

毎日警察が店舗へ出向きトラフィッキング等の問題がないか、いちいちタレントへ質問をしショータイムを確認する、給与、バックは店舗から当日または週休としてタレントへ支給される・・・この事もポリスはしつこく質問をするらしい。

ホステス行為も、白人が主だからみだらな行為にはうるさい、クラブサイドでお客をつまみ出すことが多いから、まったく日本と異なり安全という・・・・。

冷たい白人ホステスの中で、客に甘いスタイルをとるフィリピーナは非常に(というよりも爆発的に)人気があるというわけ・・・チップ、ドリンクバックもダントツ・・・フィリピーナによって、お客は魂を抜かれた状態という・・・

外出の自由時間は9時間・・・・パスポートも労働許可証もタレントが所有しているから、どこへでも自由にいける。
FBLOG070979-1さらに、フィリピンとの間で携帯電話のTEXTが使える(ただし料金は、1ペソとはいかない、国によって異なるが、15ペソから25ペソ程度)から便利だ、世界でもっともTEXTを使用するフィリピン人にとって、TEXTが利用できるのはありがたい。

言うまでもないが、フィリピンで使用していた携帯を持参して、SIMカードを入れ替えれば使用できてしまう・・・

機種によっても異なるが、たいがいの機種はメモリーもそのまま使えるから、友人たちの電話番号さえきちんと入力していればそのまま使えてしまう・・・・(メモリーは+63XXと国番号から常に入力する癖をつけておけば、フィリピンでも海外でもメモリはそのまま使えてしまう)。

このような状況下で店舗サイドからの売春などをさせられるはずが無い・・・さらに、店舗は必要とするタレント数を確保できるから、フライングは全く無い・・・給与が支払うことが出来るなら、何人でも良いわけ・・・タレント90名程度のクラブは普通になってきている。

日本人の彼氏らしき方が、非常に心配されていることをよく聞く・・・強制売春があるらしいとか、売春に違いない?とか・・・・さらに噂は広がって、フィリピンの業界でも、まことしやかにささやかれているのには驚いた!

前回マニラへ行った際に、連絡が取れた数人のタイマーを紹介したら、業界の方々驚かれていました・・・日本人がいくら声を大きくして言っても信じないが、やはり同国人タレントが話をしたら一発で信じたようだ・・・・

タレントとしてクラブで働くのなら全く心配は要らないだろう、ただしどこの国でもそうだが組織が仕切っている売春専門の仕事もあることを忘れてはならない。

ポイントは労働許可証ではないだろうか・・・この辺をポイントにチェックされたらよろしい?・・・

ドバイで聞いた言葉が耳から離れない・・・アジアじゃタイ人そしてフィリピン人・・・イスラムのフィリピン人はモロッコ人なんです・・・確かに、だんとつモロッコの美人たちが大量に出稼ぎに来ている・・・

だからといって、フィリピーナにはこの手の仕事は無い・・・とはいえないだろう、心配な方は仕事先をきちんと聞き出すことだろう・・・。

余談になるが、私も個人的にモロッコ美人は、イスラムのフィリピーナと呼ぶのにふさわしいと、思っている・・・ムムムッはまりそうだ(汗)

今あなたがたが非常に心配されている、中にはいても立ってもいられない方もいる・・・つまり泣いている日本人が結構多いということ・・・彼女たちが日本へ旅たつときに、フィリピン人の恋人が同じ思いをしていた・・・なぁ

長い間フィリピーナを食い物にしたあなたがたに、恨みを晴らすときが来た・・・あなたがたは、あだ討ちにあっているようなものなのかも知れないな・・・

 ■ フィリピンパブ世界へ CASA ROSSA 2007/04/23 (月)



トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
Copyright © 2004 Powered By FC2 allrights reserved. template by bartolina
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。