FC2ブログ
無限のバリエーションのあるパーティーBLOG      by:Bartolina
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- (--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-)
サル社会のProstitution(売春)
fblog071223-11人間社会で最古の職業といわれる売春が、サル社会にもあることは、承知していたが・・・1か所に雌が複数いた場合、交尾の「価格」は大幅に下るというは初めて聞いた・・・

需要と供給のバランスがサルの社会にもあった・・・ちなみに「対価」とは、「毛づくろい」だそうで、16分間の奉仕が、雌が複数いた場合8分間に下落したということらしい・・・(インドネシアのサルの調査)

人間に一番近い類人猿のボノボ(ピグミーチンパンジー)などは、メスが自らの意思で「見返り」を求め、オスに身をゆだねる行為を行う・・・。

この場合の見返りは「食べ物(餌)」がほとんどで、行為の後そっと餌を持っていく、オスはその行為を見てみぬふりをするという・・・

さらにボノボの場合、生殖の期間以外の時期にも発情して、SEXを社会的目的のため日常の行為としているという・・・SEXをそういう形で利用するなんてすばらしい。

あまり法律でがんじがらめの人間社会、もう少しボノボの世界を見習ったほうが平和になるのかも知れない・・・

そういえば、UKでは法律書から売春婦という文字削除するそうで、そういう面ではもっとも進んでいる国と思っていた(その割には、はずれが多い)が・・・不名誉な印象が強過ぎるというのが理由だそうだ

売春婦、 プロスティテュート、 Prostitute、 才能を提供する、 自分の魅力を売り物して客を取る・・・というイメージが、単なる「マスの代わり」という単純なイメージになりさがってしまうような気がしてならない・・・

この売春、人間社会には、どこへ行ってもあると思っていたが、売春がないところも存在する・・・そういうところは、お互い自主的奉仕活動なるものが存在する・・・つまりほのぼのとした性行為が存在する・・・

SEXの際に欠かせないコンドーム、使うのを嫌がる人が結構いる(私もそうなのだが・・・)が、末永く楽しむためには使用したほうがいいだろう・・・このコンドームにも偽装(?)が生じ2000万個もリコールだという・・・基準に達してないとわかっていて「目をつむった」らしい。

南アフリカの話だが、わが日本国では大丈夫なんだろうか?昔は、使ったコンドームを水で膨らませて再度使用した事もあったと聞くが・・・。

どちらにしても、売春は人間が存在する限りなくならない・・・あまり日陰に追いやらないほうがいいと思うが・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 ■ サル社会にも「売春」が存在? ( New Scientist - 05 January 2008 )
※文中ではProstitutionでなく、遠まわしなoldest profession という表現を使用している
 ■ 英国、法律書から「売春婦」の言葉を削除へ (ロイター)
 ■ 南アフリカでコンドーム2000万個をリコール  (BBC)
 ■ コンドームが出来るまで!!  (オカモト株式会社)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
Copyright © 2004 Powered By FC2 allrights reserved. template by bartolina
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。