FC2ブログ
無限のバリエーションのあるパーティーBLOG      by:Bartolina
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- (--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-)
揺らぐ足元・・・・アヨロ
fblog080224-2ここ半年ばかりマニラへ出る度に、耳に入るクーデター説、今月エドサ革命週間(22日~25日)に入りピークを迎えそうな気配も感じられる。

汚職にまみれた政治家に慣れきった国民による、ピープルパワーの再来は望めないだろう・・・

その筋から、常にもれ出てくる「軍部のクーデター説」のほうが、民衆によるピープルパワーの再来よりも可能性が高いように感じる。

アヨロ大統領は、国軍参謀総長の任期延長を図り軍部を押さえ込んだ、と見るむきが大半だがそううまく行くとは限らない、反乱分子を本当に押さえつけることができるのだろうか?
ただ軍部の動きも、国民の反政府の盛り上がりがあってのことだが、その盛り上がりはブロードバンド網構築事業の不正受注疑惑の拡大によってピークに達しているかに見えるのだがどうだろう。

アキノ元大統領は、25日のマルコス独裁政権を崩壊させた、アキノ政変「エドサ革命」の政府主催の記念式典には参加をしない・・・・

政変の主役が式典に参加せず、現政権に批判的な関係者のミサに参加する。

ただ一人アヨロ大統領の後ろ盾である、フィリピンの風見鶏ラモス元大統領でさえ、この状況を読み取り、最新情報では・・・
「新たなるピープル・パワーが必要かもしれないと、民衆蜂起の可能性を示唆する発言をした」・・・と、言ったとか?

すでに、CBCP(カトリック司教協議会)は、「新ピープルパワー」を提唱しており、これにフィリピン共産党も支持・・・

15日には、マカティ市の記念碑で開催された反アヨロ集会には1万人が参加・・・などの盛り上がりを見せている、テレビの報道番組も疑惑問題がらみで埋め尽くされている・・・

アヨロ大統領の夫は、情勢が安定するまで香港へ高飛び、フィリピンの男は何時も逃げ腰だ!

さて、最強アヨロ大統領の次の一手はなんだろうか?

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
Copyright © 2004 Powered By FC2 allrights reserved. template by bartolina
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。