FC2ブログ
無限のバリエーションのあるパーティーBLOG      by:Bartolina
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- (--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-)
フィリピン蝶採集疑惑で ・・・ 国会質問
fblog080304-2衆議院予算委員会 ( 本年2月25日 ) で、一昨年フィリピンで起こった感電事故 ( 蝶採集疑惑 ) についての質問があったと聞いた。

質問の様子は、衆議院TVで見れる ・・・

現在ネット環境の悪い場所に滞在しており、動画はほとんど見れないので、フィリピンへ帰国してからと思ったが ・・・

たまたま2日間ほど空きが出たので、半日かけて211MBの膨大なWMVファイルをダウンしてみた。

実際の質問は20分程度なのだが、質問時間帯が分からず全ての内容を ( 7時間55分 ) をダウンする羽目になったが、ダウンしたおかげで繰り返し時間をかけて見る事ができた ・・・
ネット環境の良い方は、ダイレクトに衆議院TV ( 2月25日予算委員会の、民主党の笹木義規氏の質問 ) を一見することをお勧めする ・・・

なお、フィリピンで発生した蝶採集疑惑が浮上した感電事故 ( 後日当事者は死亡 ) についての詳細については、数回に分けて当ブログにカキコしてあるので参考にされたし ・・・ ( 文末参考 )


結果はというと、笹木氏の切り口が弱い ( 多分事件の内容に熟知していない?救急の質問だった? ) せいもあり ・・・ というか、鳩山氏の貫禄勝ち ・・・ というか、 《 かたすかし 》 をくらった ・・・ という感じがする。

質問は、ほぼマニラ新聞の記事の内容確認を取る形で進められたが、記事の内容は鳩山氏によって ( 鳩山事務所のコメントさえ ) ほぼ否定された形だ ・・・ 真相はひとつだから ・・・ マニラ新聞の反論を待ちたい ・・・。

この疑惑の情報は、民間から提供されたそうだが、ちょっと材料不足 ( 情報提供者は同時に質疑応答集を作成して渡すべき ) であり、さらに質問者側にはマニラ新聞以外の資料は無いように感じられた。

やはり、多方面から情報を得て、きちんと裏をとって攻めなければ、・・・ 「 大臣を辞めずに済む方法 」 知ってます ・・・ の鳩山氏を落とすことは不可能だろう ・・・


鳩山氏は、日向氏のエリマキトカゲまで知っていたのであれば、日向氏の素性はすでにお分かりのはず!! どうしてガイドを変更しなかったのだろうか?

渡比するのは、ただの蝶屋である前に 《 一国の国会議員 》 である、石橋は百回叩いても叩きすぎと言うことは無い、通常ならそうしてもおかしくはなかった ・・・ 私が秘書なら即刻ガイド変更を鳩山氏に強く申し出た。

しかも、鳩山氏は海外では ( 蝶採集等の ) トラブルが、多いことは重々知っていたという ・・・ 海外でのトラブルを気にするほど、賢明な大臣であれば、日向氏のガイドは間違いなく避けてもいいケース ・・・ だった。

ここで蝶採集をしてもいいのか?と、渡比してから本人に直接尋ねたという? ・・・ そんなに安易に採集場所を選定するのだろうか? 

鳩山氏の言葉を借りれば、外国では ( 採集などの ) トラブルが多いという ・・・ ならば、どうして事前に採集地を提出させ、確認をすることが出来なかったのか?

アキノ元大統領も、アヨロ大統領も、デベネシア下院議長(当時)もご存知で、 《 緑色のパスポート 》 で入国なら大使館員も出迎えたはず、その大使館員に事前に調べさせることも出来たはず ・・・

本物の蝶屋 ( エセ蝶屋なら別だが ) なら ・・・ 素性は承知だったが、それぐらい者のでなければ、目的の蝶の採集できないだろう ・・・ と考え、全て承知の上で渡比するだろう ( 事故が起こらなければ表に出ることはなかった ) ・・・

答弁では、まったく採集の意思はなく、採集はもちろんしていないと語った!ビデオ撮影などの証拠があるわけでもなかろうから、今となっては取った、取らないの話しとなってしまう ・・・

ただ、捕虫網を取り出したということは、本人の口からでた ・・・ つまり捕虫網は出したが、事故が起きたから採集できなかった? 網は出したが、その気 ( 採集 ) はなかった?

はっきりしていることだけでも、きちんと質問して記録に残す必要があった。たとえば、渡比には 「 緑色のパスポート 」 を使ったということ、それを満たすだけの要件であったのかどうか? などなど ・・・

さらに、事故の翌日にも、日向氏専属の運転手を依頼して、日向氏がよく行く採集場所へ案内させている ( マニラ新聞 ) ということなど、否定させるならすべて確認して否定させておく必要があっただろう ・・・

人生ではじめての恐ろしい事故が発生した ( 鳩山氏 ) ・・・ つまり、燃え叫ぶ日向氏の姿 ( 鳩山氏 ) も忘れないうちに、再度観察 ( 採集? ) に行ったのなら ・・・ 普通の人間ならホテルに閉じこもってしまうだろうから ・・・ やはり鳩山氏は大物 ( ? ) なのかもしれない。

ま、どちらにしろ鳩山氏にとっては、当該事件は爪のアカほどのことでも無い、もっと大変なことを山ほど抱えている、秒刻みで動いている法務大臣なんだ! ・・・ という事なのだろうと想像する。

しかし、当事者や家族、関係者にとっては、事件は大変なことでその傷は癒されることが無いほどのものであることを、政治家である前に人間 《 鳩山 》 として感じてもらわなければならない。

報道などの情報や関係者たちから流れる情報で、同じ蝶仲間にも疑問視する者たちが多いと聞く、さらには同行した親族のためにも、蝶屋を自負する鳩山氏なら、疑問を晴らしておく必要があるのではないだろうか?

再度言わせていただくが、せっかくの質問なのだから、強烈なパンチが必要だったような気がしてならない ・・・

私のような平民と違って 《 一国の国会議員 》 という要職につくお方なら、海外では良くあるトラブル ・・・ と自ら話すほどの知識があるわけだから、捕虫網など持参しなければ、誤解を招くようなことはなかった。

つまり鳩山氏の注意不足は免れない ・・・ 要は、自分が要職についている自覚が全く足りない ( 日本国の国会議員という要職に付く資格は無い ) ぐらいのことは言ってもよかった。

答弁の中でさえ、 「 何か面白い案内人 ・・・ を紹介してほしい! 」 と、軽率この上ない行為でガイドを依頼していることを自ら語っている ・・・ 全てにおいて、このような軽い乗りで法務大臣職もこなしているのだろうか?


最後に私宛に、日向氏の長女と名乗る方から、下記のようなコメントをいただいている

『 日向博美の長女です。ちっちゃなシジミチョウを好むということで、それを捕まえに父は行き、そして、鳩山氏一行がチョウの隠れる草むらをパタパタさせていたのをみて、俺に任せな!って感じで父は竿を振り上げていたそうです。軽いからいつも使う竿はカーボンな父でした。父が病院へ運ばれたときには直ぐにホテルに帰る。そして次の日以降も蝶取り。こんな人の為にクリスマスを、命を犠牲にした父が一番憎たらしいです。 』  

FBLOG080304-5質問もないのに、感電事故2日後の日本大使館員死亡事故についても、自ら無関係であることを語った ( マニラ新聞は、転落死の事実だけを記載しているだけなのだが ・・・ )

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 ■ 衆議院インターネット審議中継
 ■  フィリピン共和国・環境天然資源省(DENR-Department of Environment and Natural Resources)
 ■ ぱぱのばか ― 日向博美へ宣戦布告
 ■ とむ丸の夢
 ■ 週刊現代Online
 ■ 日刊まにら新聞
 ■ DENR (Department of Environment and Natural Resources)
・・・・・・・・・・・・日向氏感電事故関係   CASA ROSSA  ・・・・・・・・・・・・・・
 ■ 4月15日密猟か?採集か?研究か?鑑賞か?・・・どちらにしろ違法だった
 ■ 9月12日悲しいエリマキトカゲ (動画)
 ■ 12月25日 1年前のパロパロ事件 (動画)
 ■ 12月28日 1年前のパロパロ事件 2   
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
Copyright © 2004 Powered By FC2 allrights reserved. template by bartolina
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。