FC2ブログ
無限のバリエーションのあるパーティーBLOG      by:Bartolina
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- (--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-)
新しいジャパユキさんが、やって来る!
20050203131947.jpgいよいよといった感じですが、まだまだつめることはありそうです。でも、当事国ではオオはしゃぎでお祭り状態・・・・・・・・・新しいジャパユキさんが、やって来る。

7月5日~7日のセブ・マクタン島で行われた両国会議(日比経済連携協定(EPA)交渉第3回会合)の後、フィリピンのエイジェント達はあたかも明日にでも日本行きのビザの発給が行なわれるかのようなはしゃぎぶり。(看護師、介護福祉士など医療福祉分野の受け入れをするというもの)

フィリピンのエイジェントでは、以前からすでに看護師の日本行きは決まったかのようなPRをしており、200校とも言われる看護学校は超満員で、OCW希望のフィリピン人には超人気!!

ここを卒業したら「日本へいける!」と、ほとんどの学生は決め付けている。なんと気の早いこと、昨日までのARBのスキルス?どうでもいいや、これからは看護学校よ!
しかし、今日本サイドの関係者達が、考えているような状況では日本へくることのできる(いきたいと考える)ナースは何人出てくるのか疑問が残る。

つまり、今のままの状態では、日本語習得、看護学校、病院での研修勤務、もちろん日本の国家試験が合格しなければならない!これには10年近くかかってしまうことになる・・・・・ムムムッ。

その辺を、うまく解決しなければ、絵に描いた餅になってしまう、現在でさえきちんと日本国内で看護師として働いている外国人はいるのだから・・・。

どの程度の期間で問題点を解決して、実施されるかは、両国間の妥協しだいではないか。おりからの、少子超高齢化社会の危機感は、この問題につては追い風、サテこの風に乗ってどこまでたどり着けるか?

秘密裏にバーターされたタレントと看護師および介護師の受け入れ、当初単純労働まで要望していたようだがここに来てようやく落ち着いた、裏にまた隠しダマがあるとおもわれる。

外○省から上へあがる情報のほうが少ない!自分たちで情報を隠したり、握りつぶしたり・・・やりたい放題。しかし、そのうちに必ず情報は漏れ出すでしょうから、はっきりしたことがわかるのは時間の問題だ。 (つづく)
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
Copyright © 2004 Powered By FC2 allrights reserved. template by bartolina
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。