FC2ブログ
無限のバリエーションのあるパーティーBLOG      by:Bartolina
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- (--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-)
マスコミ・キャンペーンが始まった!
20050203151402.jpg本日、夕方4時55分からのテレビ朝日(10chスーパーJチャンネル キャスター小宮悦子)で、大阪入管茨木分室による不法外人パブの取締りルポが、放映された。

表題は「不法滞在不良外国人を一掃せよ”入管Gメン”緊迫の摘発その現場完全密着フィリピンパブに突入店長ぼう然立ち尽くす”俺の何が悪いんだ”闘う現場の最前線ルポ」と、ちょっと大げさな表示でしたが、実際は「資格外活動」での摘発ルポであった。

摘発対象店舗は、和歌山県のとあるフィリピンクラブ、在籍12名(全員フィリピン人)、2階がタレント寮、同伴ありで、ショータイムもありという地方の典型的なフィリピンパブである。

極端な話、地方のフィリピンクラブは100%この手のお店であるといっても過言ではない。ということは、地方のすべてのお店が、摘発対象ということである。もちろん、資格外活動をしていないお店はないだろうから当然なのだが。
店主は、「体を売っているわけでなく、席に付くということはどこでもやっていることだ!もっと悪質なところやらないで、なんでうちがやられるんだ!」

自分のところは誰にも迷惑をかけていない。もっと法的にまずいことをしている近所のお店も知っているからこそ、「どうしてうちが?」という言葉がでてきてしまう。

招聘業者も店舗オーナーも、交通違反の「駐車違反」の取締り程度にしか考えていない。つまり、そんなに悪いことしていないという感覚なんですね。

どちらにしても、入管はマスコミキャンペーンをはっているということ。つまり、取締りが過激化してほとんどの外人パブが摘発されたときに、身近な問題として大きな社会現象になることへの対処であり、「お父さんも行っていた横丁のフィリピンパブは、実は不法店舗だったんだよ!」、「席についていること、あれは違法なことだったのよ」・・・キャンペーンを張っているわけです。

気になったのは「不法外人パブを半減する」という言葉、半減であればどのようにして半分の店をセレクトするのか?興味深いところであるが、「なくなるまでやる」と言ったと漏れ聞いたことも事実であり、まさに?である。

「不法滞在不良外国人」と「不法外人」では大きく異なるので、一応、その点をテレ朝には抗議をしておきましたので後日何らかの連絡があると思う。
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
Copyright © 2004 Powered By FC2 allrights reserved. template by bartolina
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。