FC2ブログ
無限のバリエーションのあるパーティーBLOG      by:Bartolina
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- (--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-)
帰国タレントへのアンケート (4)
20050204160210.jpgこのところ、話が横道にずれすぎるが、どうもオリンピックのせいかもしれない。やっぱり自分は日本人なんだと思う瞬間だ!気になってしょうがないから、日本からテレビを流しっぱなしにしてもらっている。

同一画面内で、テレビを見ながらキーを打っている・・・・・当分この状態が続きそうで、テレビを見ながらはやはり難しい。いつもは、東洋のネットラジオを流しっぱなしで作業している。

ノートは2日間ほど火を入れっぱなしで、もうチンチンに熱い!やはりUSB接続の小型のブロアーがほしいなぁ・・・少しは、効き目があるだろうなぁ。ムムムッ秋葉に行きたい!

塩のにおいがするデッキで、使用しているとノートも障害がでてくるだろうと思って毎日全身を拭いてやっています・・・海に入れてやれないのが残念です。私にとって、このノートは生きた人間と同じなんです。

ご紹介します、ここで使用のマシン(ノート)は、体重3.8キロ、PEN4-2.6GHz、RAM1GB、60GB HDD、17in ワイドTFT、コンボドライブ + ポケット60GBHDD・・・このマシン、ちょっと太くて重いが、使い勝手は非常にいいので、気に入っています。
アンケートの7番は、再度日本へ来たいですか? 《いいえ》 の場合には、その理由を記載する。というものである。最後の質問で、ありきたりな質問に、見えるが当局は 《いいえ》 の後の、理由に期待しているのである。

大方は、来日して6ヶ月間(3ヶ月も多い)の、滞在期間中の気持ちを素直に出せ!というものだろう。この質問の回答は、再来日希望の 《はい》 がほとんどであろうが、 《いいえ》 の場合は、当然のことだが何らかのトラブル等が、あったから 《もうたくさん!》 ということだろう。

《いいえ》 の場合には、その理由については招聘業者や店舗サイドに手厳しいものになるだろう。大げさな回答も出てくることも覚悟しなければならない・・・・・・ここが当局側の狙いだろう。

当然もう来日しないのだから、極端な話 《書きたい放題》 であろう。私は、大使館へなどの官公庁へ逃げ込んだタレントと招聘業者などの関係者とのミーティング(とはいえない、もう部屋の中は騒然としている)に、何回か立ち会ったことがある。

彼女らの言い分は、「売春を強要された」、「フードアラワンスをもらえなかった」、「休みがない」、「同伴を強制させられた」、「食器洗い」、「店舗掃除」、「バックをもらえなかった」、「仕事中に店外食事を強要された」、「オーナーから襲われた」、「ペナルティをとられた」など・・・・でるわでるわ・・・・・。

真意のほどはさておいて、ほとんどの事例は招聘業者がしっかりしていれば、防げることばかりである・・・・・店舗オーナーの教育がされていないというか、店舗オーナーのスタッフみたいな、招聘業者がほとんどだから、何も言えない、だからこういう事態が起きるといったほうがいいだろう。

何も彼女たちを 《甘やかせ》 というのではない、彼女たちを人間として認めたうえで、「ビジネスとしてきちんと話をして、理解させることが重要だ」、このようにきちんと対応しているところは、大使館等へ逃げ込みなどは少ない。

彼女たちはフィリピンで、自分たちの権利をきちんと学習してきているし、何かあったら大使館へ行って相談しなさい!と指導されている。契約期間分はサラリーの要求をするように!ここまできちんと聞いて来日している。

6ヶ月のビザで入国して、働きが悪いからと3ヶ月で帰国させようとすれば、空港から動かない!「私は、大使館へ行く!」と、がなりたてられるでしょう。きっちりと残り期間のサラリーを取られちゃう!自国の国民の権利だけはきちんと主張して剥ぎ取ってくれる。ムムムッ、どこかの国の大使館とは違います。

だからこそ、厳しいお店ほど3ヶ月で認定証交付を願うのである。「3ヶ月ビザですか?フライだったら、大変」 だって?(オリジナルは、結構地方のことが多いから、更新で、認証で、下手したら外登で、3回も4回も地方へ行かなければならないからだ) 心配は要りませんよ、だから地方のフライは、更新しなくてもいいように、リクエストで信頼関係のあるタレントを、6ヶ月査証で許可を受けるんです。

この逃亡だが、行き先のそのほとんどは5つほどに大分類される。《1.好きな相手のところ》、《2.親戚関係》、《3.友人を頼る》、《4.グループなどの組織》、《5.大使館などの内外の官公庁》 である。

逃亡時の移動を手助けする者は?4番は当然のことであるが組織が行なう、他4件は、意外と素人(特にピン中のお客)という事が多い。来日して、空港から逃亡というような場合には難しいが、4番以外は、かなりの確立で予測できるものである。前記のように《ピン中》の顧客であることが多いからである、そして彼女たちはかなりの確立(1.2番以外が該当)で、仲間を誘って逃亡することが多い。

ちょっと話がそれるが、逃亡だけでなく、中にはヤクザや売人などに、はまって(はめるほうが、はまってどうするんだ!というほど、タレント自体も、アマチュア化しているものがいる)薬漬けになっている例も少なくないこの場合には、逃亡よりも不幸な結果になる、入管というよりも警察が徹底的に捜査するからだ。

さらに、4番の組織的に逃亡を企てているグループもある。六○○をベースにしている「ニュー○―ク・インター○ショナル・モ○ルエイ○ェンシー」のサ○ー という黒人グループがいい例だ、彼らの顧客はほとんどが組織の人間である。日本国中に、原価無料のタレントを飛ばしては、莫大な利益を上げている。

もちろんタレントだけでなく、ありとあらゆる外国人女性を相手にしている。彼らを、当てにして90日で入国してくる外国人女性も多い(特に、ビザ取得のいらない白人系)、仕事を探す必要がないからだ、「とりあえず日本へ行ったらサ○ー に会え、仕事がもらえる」が合言葉となっている。

この様なやからを取り押さえないで、店舗リストや招聘業者リストを見て簡単に点数の上がるところを摘発してどうなるんだろう?弱いものいじめばかりしているから、裏の組織でなければますます開店できなくなっている。需要がある以上、外人パブは決して亡くならないと私は見ている。

どちらにしろ、まともなことをしていれば、ほとんど防げることである。防御テクニックを記載したらかなりの枚数になってしまう(私の元に寄せられた情報だけでもノートで25冊になる)。このようなことを、招聘会社はクラブへ伝えながらクラブを育てていくことが必要で、タレントを箱入れしたらそのままという招聘業者がいかに増えたかわかる。あまりにも利用しすぎたお返しと、今の状況を我慢するしかないのかなぁ?
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
Copyright © 2004 Powered By FC2 allrights reserved. template by bartolina
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。