FC2ブログ
無限のバリエーションのあるパーティーBLOG      by:Bartolina
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- (--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-)
不法滞在者 80万人に査証発給へ!
20050214070458.jpg今スペインが、熱い・・・決して、マドリードの32階建てのビル火災 スイス・ベルンのスペイン領事館に襲撃・占拠のせいではない。

スペイン政府は、100万人以上存在する、不法滞在者へ大赦(アムネスティ:amnesty)を決定した。1991年以来7度目の大赦で、滞在許可だけでなく、労働許可も与えるという大胆な政策だ。

スペインの主な不法滞在者は、北アフリカや南米(エクアドル・モロッコ・コロンビア・・・)などなど・・・職種?いわずと知れた〝単純労働〟・・・建設や農業などなど・・・。

このレグラリサシオン(大赦)、①昨年8月7日以前からスペインに滞在していること ②自国およびスペインで前科のないことを証明できること ③雇用期間が半年以上の雇用契約書を提出することができること。
この3点の書類を、そろえれることが出来た外国人に対し、居住・就労許可(1年間、期間更新可能)を与える特別措置 ・・・ 信じられないが、本当なんです。

もちろんスペインと日本を比べることは出来ない、しかしあまりにも大胆な政策、摘発だけでは解決できないことを、知った上でのこと政策。この大赦(レグラリサシオン)の目的をこう発表している。

「就労によりブラックマネーで働く外国人が社会保険および所得税を納入し、人材の不法利用を妨げる」 こと ・・・ このことに大きな自信を示している。
この大赦(レグラリサシオン)で、約80万人の不法滞在者からに申請があると見込んでいるらしい。申請は3ヶ月間 ・・・ 一日12,000人の申請がある計算、全国160箇所の社会保険事務所で受け付ける。

各国大使館へは、12月からこのことを知らせておいたらしいが、“無犯罪証明書”取得のため、エクアドルの領事館前には昼夜を問わず長蛇の列ができ、無犯罪証明書交付が追いつかない状態だそう
日本であれば「文書で2ヶ月前から連絡はしていました」で終わるだろうが、スペイン政府は「15日以内に原本を提出できるのであれば、無犯罪証明書交付申請控えを提出することにより、“レグラリサシオン”の申請ができるよう特別措置を取る」という血の通った行政判断を示した。

当然のごとく、半年間の居住証明書や今後半年間の雇用契約書の売り買いが密に行われている・・・・どこの国でも〝裏〟は存在する。

しかし、スペイン政府はこのことも予測している・・・「1~2%はこの特別措置を悪用した申請となることが予測されている」、それでも大赦を実施し、当初の目的を果たすほうがよいと政策に大きな自身を示している・・・本当に異なるでしょう・・・どこかの国とは・・・。

ラッキーなのは、スペインの査証を得ることによって、EU25カ国を自由に出入りできるようになること!!つまり、事はスペイン1カ国の問題ではない・・・・。もちろんのこと、EU各国からは、大ブーイングが起こっていることはいうまでもない。

以前、香港、マカオが中国に返還時 ・・・ 本国、ポルトガルのマカオ住民には・・・ポルトガルの国籍(パスポート)を与えた、彼らは現在EU管内を自由に闊歩できる。この80万人は、同様なことが可能になってしまう・・・。


スペインの人口は、日本の3分の1の約4,370万人、内8%の350万人が外国人、外国人居住許可は197万人に発行しているそうで、差し引き153万人は不法滞在者ということ。

不法滞在者の30%を数えるエクアドルは、世界を征した〝無敵艦隊時代〟のスペインの植民地だった国、人口の70%は白人(ほとんどがスペイン人)と現地人の混血という事情もある。

しかし、全く関係のない一番近いフランスの植民地であったモロッコ(アラブ人)やルーマニアからの不法滞在者も多いのも事実。

過去5年間で、外国人の比率が1.9%から8%へ急速に到達したという事実もある・・・1991年以来6回の〝レグラリサシオン(大赦)〟が、急増への原因かもしれない・・・。

世界第2位の観光収入(約369億ユーロ)で、世界第2位の観光客数を誇る観光立国(年間5,248万人)のせいかもしれない・・・。


日本国政府では、恩赦(アムネスティ:amnesty)は100%ありえないという、理由は一度恩赦を認めると、今後に期待されて不法滞在者が元気付いてしまう・・・ということらしい。

今後わが国に入国してくる外国人は増加の一途をたどる、不法滞在者も急速に増加していく、政府の国内25万人の不法滞在者の摘発は、本当にメドがたっているのだろうか?なにか、入管や警察だけの空回りに終わっているのではないだろうか?

いっこうに地方自治体や地域住民の方々からは、不法滞在者という言葉は出てこない・・・。おっと、忘れていました石原さんが一人でがんばっていましたね!

みなさんが、このスペインの政策をどのように捉えるのか?地球の裏側の問題では済まされない状況へ我ら日本国も追い込まれていることは事実だから・・・データを提供申し上げました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
■ スペイン政府のレグラリサシオン(大赦)情報提供サイト 1
■ スペイン政府のレグラリサシオン(大赦)情報提供サイト 2
■ スペイン政府のレグラリサシオン(大赦)情報提供サイト 3
■ スペイン政府のレグラリサシオン(大赦)情報提供サイト 4
■ マドリードで32階ビル炎上、上層階が崩壊
■ スペインが不法移民合法化策、EU諸国は流入を懸念
■ スイス・ベルンのスペイン領事館に襲撃、占拠 数人が人質に
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
Copyright © 2004 Powered By FC2 allrights reserved. template by bartolina
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。