FC2ブログ
無限のバリエーションのあるパーティーBLOG      by:Bartolina
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- (--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-)
芸能人資格のダブル担保
20050217011320.jpg去る15日に、改正省令が公布されましたが、ARBやAACなどを認める項目なくなっただけ。

皆様がお騒ぎのように、そのショックは大きい、ARBは初めて合法化された証明書といってもいいからで、これからは〝たぶん〟贋物の公開興行の出演証明書が氾濫するだろう・・・,以前もそれに近かったから・・・。

ARBやACCは、それ自体日比両政府で公式に認める証明書。興行査証申請時に〝芸能人として証明する〟書類の一部だったわけ ・・・ 大切な印籠を失ってしまった。

このARB、AACと、それを保有する本人の〝芸力〟は全く関係がなかったわけ、ましてや興行査証で来日して、資格外活動をすること自体を人身取引というのであれば、彼女達は、まさに政府の言うように〝被害者〟であり、その被害者である彼女達の〝資格も担保〟されていなくてはならないわけではないか。
しかし、その矛先は自国の業界へ向けられず、一番処理のしやすい彼女達に向けられた。本当に被害者は、保護されるのだろうか?

政府は、公式にタレントで来日した者のほとんどが、人身取引の被害者とうたってはいないが、我々一般国民に見える形で届く〝報道〟の、ほとんどは、「来日タレントはそのほとんどが被害者」とか「半分は、被害者」という表現ばかりで、被害者=人身売買=売春 の図式を、意味するような内容に終始する。

ARB、AACは使用できなくなる、せめて、「被害者」的な見方をするのであれば、ARBで来日したタレントについては、被害者、被被害者ともに〝資格を担保〟していただきたい。

先日カキコの、政府から(査証発行機関としての立場)の〝資格の担保〟と加えて、芸能人資格のダブル担保・・・を保証していただきたいがどうだろうか?


ちょっと気になるコラムを発見した、というよりも私が唱える一般人の方々の代表的なフィリピンパブに対する意見をここに見た。

コラム自体は、政府に批判的、PP業界を批判するものではないことはコラムを読めばわかる。こういう私たちの立場でものを考えてくださる方々でも、PPに対して〝この程度の理解〟しかされていない。


私のつたないBLOGを見ていただくPP業界関係者や顧客のみなさんに一見ていただきたかった。 (詳細は、当該WEBページを参照されたし)

コラムは、株式会社NTTデータが発信する「先見日誌」の2月15日7名の方々が曜日単位で受け持つ、本日の書き手は「片岡義男氏」・・・豊かな見識や洞察力をもち、鋭い意見や指摘などを発する方。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
《 ・・・そのうちの8万人がフィリピン人であり、この半分の4万人ほどが、ショー・ビジネスのヴィザでは就労することの出来ないホステス接客業についている。
巷で言うところの「フィリピン・パブ」がこれであり、ここで客である日本人男性との売買春がおこなわれる。・・・・・

「ダンサー」として日本へ来て、「フィリピン・パブ」で接客するという形態の内部に、彼女たちから自由を制限された上に搾取もされているという、人身売買のシステムが出来ている・・・ 》
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

つまり、「巷で言うPPは、フィリピン人の女性を買春するところで、接客する形態の中に人身売買のシステムが出来ている・・・」 という理解のされ方が、全国民の方のPPに対するイメージなのです。

この方、決して〝右〟でも〝左〟でも〝過激派〟でもなんでもない、自他共に認める〝普通の良識人〟である。こういう方の意見だからこそ取り上げてみました。

元ネタは、マスコミ各紙からと思いますが、この点も一般国民の方々と条件は一位する・・・。確か〝半数〟と言う表現をしていたところがありました・・・。

政府を責めるべきなのか、マスコミに攻撃を加えるべきなのか、脳みそが軟化状態の業界人を叩き壊すべきなのか?

日本に滞在するフィリピン人や家族は、このまま黙り続けるのか?フィリッピン大使館は、こういう状態を黙って見過ごすのか?

過激掲示板などならあまり気にならないのですが・・・・どうでしょうか?

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
■ 株式会社NTTデータが発信する「先見日誌」の2月15日
■ フィリピン人への興行ビザ発給、3月にも厳格化
■ 興行ビザ:審査を厳格化 法務省令を改正
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
Copyright © 2004 Powered By FC2 allrights reserved. template by bartolina
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。