FC2ブログ
無限のバリエーションのあるパーティーBLOG      by:Bartolina
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- (--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-)
現場のデカは知っている
Fblog050219-3.jpg実際は、どうなっていくのか?というメールが、はるばるこちらまで戴いている。

以前も、カキコしましたが警察庁が作成し、全国の所轄まで配布した「人身取引」に関する取り締まり教育ビデオ見た方いらっしゃいますか?まだの方、オークションでもチェックされたら?

警察当局は、入管とは「人身取引」に対する見方が、ちょっとニュアンスが異なる。もちろん、対象者が、日本人にまで広がる上に、ソープ、デリヘルなどの特殊風俗などまで幅が広いせいもあるかもしれない。

警察の場合には「売春」を前面に押し出していること。その売春については、不法滞在者に強要するケースが多いと見ているようだ。もちろん、不法滞在者には、興行査証のタレントも含まれているが・・・見方はちょっと異なる。
地方では、所轄からタレントのパスポートのコピーを求められる店舗や、プロモから自主的にパスポートのコピーを届け、何かあったら連絡をもらうようにしているところも多い。

そんなことから、不法滞在者と正規出演店舗は別格視されてきた感がある、さらに、今までであれば 「薬」と「売春」 が関係していなければ、安泰といわれてきた・・・実際「別件」を除き安泰であった。

だからプロモも店舗も、 「薬」と「売春」 には気を使ってきた、定期的だけでなく、抜き打ちのバハイチェック、尿による「薬検査」などなど・・・、現場のデカは知っている・・・ 「薬」と「売春」 が無いことを・・・。あれば、今までも 「即」 動いていますから、法改正などいらない。

実際どういうことになっていくのか?
一番怖いのは、北海道のように警察が、「資格外活動」で活発に動き出せば、現在の形態の店舗は全滅してしまうだろう。入管と警察の温度差、各都道府県警間の温度差がどの程度に出てくるのか?

今回の興行査証を絡んだPP問題、今のところフィクサーは誰も手を上げたがらない様だ、全く落としどころが無い状況なのか?とりあえず「落として」、時間経過で法改正へ持っていくなど、手はいろいろあると思うのだが・・・・。

自称業界の代表連が、中途半端に金正日の手のひらの上で、騒いでいることもあるだろうし・・・業界内部が良く見えないところに原因があるのかもしれない。

どちらにしろ、このままでは完全に消滅させる方向へ動くことも可能な状態、後は指示を待つだけというところだろう・・・。話が、「家康」まで届いていないということ、業界は視野狭窄的考えを棄て、もう少し大局を見て動かなければ全滅だろう・・・。

新たな、人身売買罪には、当然ながら用語の定義が記載される。
人身取引の定義の一番初めの「搾取」・・・・これは資本主義社会では、経営者が利益を上げれば、すべて「搾取」となってしまう。つまり、拡大解釈できる余裕のある定義で、どんなものでも引っ掛けることが出来てしまう、恐ろしい定義ということが出来てしまう・・・その辺を、詳細に調べてみたい。

接客しないでショーのみをしている店舗でさえ、人身取引定義に引っ掛けることも出来てしまう、つまり 「お上」 に逆らわないで営業していなさいということ・・・なのだろうか?

とりあえず、駒がそろって戦いの「のろし」が、いつ上がるのか?それを決めるのは、業界側と見た!
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
■ 人身取引対策行動計画 平成16年12月7日 (内閣官房)
■ 人身取引の被害者保護・支援等に関する法整備に対する提言
      (日本弁護士連合会)

■ 日本における性的搾取を目的とした人身取引(19ページPDFファイル)
      「ILO駐日事務所」

■ 人身取引 自治体の取り組みと展望 アジアにおける人身売買対策会議
      「千葉県知事 堂本暁子」

■ 就労資格確認義務付け 外国人性風俗従業員
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
Copyright © 2004 Powered By FC2 allrights reserved. template by bartolina
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。