FC2ブログ
無限のバリエーションのあるパーティーBLOG      by:Bartolina
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- (--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-)
本当に大丈夫?
今時間が開いたので、何時間かかるかわかりませんが、テストUPさせていただきます。画像は重すぎるので遠慮させていただきます。おおくのクラブオーナーからメールをいただいておりますが、RESできないことをお許しください。

彼らの疑問とは? 《同伴を禁止して、時間外の拘束を解き放ったら》・・・飢えた狼を野に放すようなものだ・・・というものだ。 

入国時に、売春やドラッグなどを禁止した宣誓書を取っている業者も多いが、結局 《飢えた狼を野に放ったつけ》 は、自分達に回ってくる。当局からも、カムフラージュしても、ダメだといわれることうけあいだ。


もう一つの疑問・・・ひどい場合は、外で仕事をかけて店舗には客を呼ばないということが起こるだろう・・・これじゃ店はつぶれる?

やはり、そこまで危機感を感じたのならば、思い切って仲間内の悪徳業者を、追放することが先ではないのか?

そして、幕間接客はあくまで 《ヘリクツ》 で、一時の逃げであるということ、最終的な落としどころではないということを確認すべきだ。

あくまで法律の改正運動を起こすことが、最終的な狙いと言うことをはっきり決めておかないといけない。そのためには、どのような形が両者共に納得しえるのか、将来の日本の入管法のあり方と共に十分に検討をする必要がある。

私は、業界に批判的でもかまわないから、業界外の多種多様な知識人を呼んで研修会を開いたらいいと思っている。政府や自民党などの、政党に近い知識人にでも声をかけたらいいし、さらに自分達の意見も聞いてもらえるということも出来るだろう。

もう一つは、会員間の知力・能力などに数段の差があるということ、やはり入管法だけでなく自分達の業界の歴史や本来の芸能人たるを研修して、レベルアップをはかっておく必要があるのではないか。

あまりにもひどすぎるプロモの卵 《アホの坂田なみ》 が、業界団体に多く生まれすぎたと言うこと、業界は責任を持って、成鳥に育て上げる義務がある。

もう一点の 《ショーの実施をする・・・・》 ということ・・・まやかしのショーなどをしても始まらない、その辺のことについても、現実的にショー主力で経営的にペイできている店舗オーナーに声をかけて研修するとか、エントランスフィーを要するような芸能人を扱うクラスの業者に声をかけるなど、方法はいくらでもあるはずだ。

今は逃げの一手を主とする様な個人プレーは避けるべきだ、本流がなくなってはすべて消え去るということを考えておかなければならない。自分のクイブチだから、もっと本気になってもいいはずだ。

ヘリクツなら、こういう反論もあるから注意をしたほうがいい、《いままでは同伴の強制や、自由時間の拘束をしており、ショーはしなくてもかまわなかった?ということを、業界団体が認めたということか?》 事実はそうでも、公式的には認めないほうがいい。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
Copyright © 2004 Powered By FC2 allrights reserved. template by bartolina
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。