FC2ブログ
無限のバリエーションのあるパーティーBLOG      by:Bartolina
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- (--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-)
アヨロに嘲笑われた交渉団
F89blog041025-1.jpgいま、フィリピンではタレント経験者が、看護師や介護士の学校へ通うことがブームなのだという。日本人のお客さんと一緒に、学校に来るタレント?もいるという・・・?

日本へ行きたいと、言うものはほとんどが、タレント経験者だそうで、学校のうたい文句は、「日本へ行けば、看護師のほかにアルバイトが出来る」というものらしい。

「その話は本当か」とメールをいただくが、どこからそのような話が出てくるのかわからない。夜勤とかそういう意味のアルバイトでは?と思っていると、どうもそうではないらしい・・・。

折からのタレント締め出しの噂は女の子たちに浸透していて、当てにならないAACを取得するなら、とりあえず介護士、できれば看護師のライセンスを取得したほうがいいという考えだそうだ。

もっとも、日本行きを望むのは、日本で甘い汁を吸った経験のある元タレントだけで、清純なナイチンゲール精神を持った女性は、ほとんどは欧米志向だという。

では、日本へ来る看護師は、ホステス経験の看護師ばかりとなってしまうのか?そういう、病院へ入院してみたいと考える方も、出てくるのかもしれないが・・・・・・。
そして、本日25日から29日まで、日比済連携協定(第5回交渉会合)が、行われているが・・・・日本側の看護師の厳しい条件を聞いて、アヨロ大統領は、「我々の看護師は、世界中から引っ張りだこであるから、別に日本サイドの基準通りでかまわない」と、ふて腐れたとも取れる発言をした(NHKテレビ)という(私、現在動画受信できないのですが、日本の友人が面白おかしく、電話で話してくれた情報です)。

フィリピンで年間1万名余り誕生する看護師は、ほとんどが欧米各国へ移住を図る。ヨーロッパの先進国は、日本と同じく少子高齢化に悩み医師、看護師、介護福祉士などが不足しており、毎年かなりの数の看護師をフィリピンから招聘していて、今後もかなりの伸びを示すという、つまり看護師不足時代なのだ。

日本が後から騒いでも遅いですよ・・・・・と、アヨロ大統領は、言いたかったのだろう。強気とも取れる発言だが、いやいやながら・・・それも、「それでも日本へ来たいのなら来い」・・・というような態度に取れるのだろう。実際そうとしか思えないから仕方がない。

私自身も以前ココニカキコしておりますが、誰が好んで時間をかけて面倒な日本語の勉強をしてまで、日本へ来たがるものか・・・と、それならは英語圏へ行ったほうがいいし欧米の看護師需要が高いときているからだ。

そして、ちょっときな臭いにおいがしないでもないが、《徳洲会1億ドルでフィリピンに1,000床規模の病院を2007年末の開業をめどに建設する》 ・・・ 病院の名前は「ベニグノ・アキノ記念病院」・・・というニュースも飛び込んできた。

フィリピン側は、この病院を「医療特区」にする意向を表明、つまり、日本人医師、看護婦などが、フィリピンの資格を取得することなく働けるというもの。ムムムッ・・・フィリピンの政治判断はすごいですね・・・・・ウラは別として、喜びたい。

徳洲会は、すでにフィリピン人看護師などを、日本へ招聘して実際看護師の問題などを積極的に取り組んでいる。徳洲会は、これでフィリピンから日本へ大量に看護師を、招聘できる下地が整ったといえるだろう。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
Copyright © 2004 Powered By FC2 allrights reserved. template by bartolina
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。