FC2ブログ
無限のバリエーションのあるパーティーBLOG      by:Bartolina
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- (--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-)
おすすめは無許可店 (3)
F85blog-041011-4.jpgこのところ、どのようなシステムならば入管の摘発を避けられる店舗となりうるのか?というような内容のメールが多い。

結論は簡単で、入国目的以外のことをしなければいい・・・だがそうは行かない。入管職員の方に始まって、ありとあらゆる方々が、30年間以上フィリピンパブで楽しんできたのだから、やはりお客さんを喜ばして帰さなければ商売は成り立たない。

少なくともトラフィッキングと資格外活動(ほとんどが接待)に該当しないように・・・この2点に気をつけるようなシステムにすればいい・・・言うはたやすいがどうすればいいのだ!

そうそうショー出演を終了したら、後はプライベートな時間だから、このタレント自身の時間を規制してはいけない。人権侵害になる、「危ないから外に出るな」とか、「無くしてしまうからパスポートは預かる」とか言う親切心は、まったく余計なことなのだ。
彼女たちが、お客さんと居酒屋に飲みに行こうが、スナックに飲みに行こうが、フィリピンレストランにいって食事をしてキックバックをいただこうが、まったく勝手なのだ。

出来ることなら、あまり危ないお店には近づけないほうがいいから、ある程度は店舗をアドバイスしてやったほうがいいかもしれない。そういう店って、出演店舗より儲かるのね・・・始めたいぐらいだね。

同伴はもっての外で、お客を呼ぶためのノルマやペナルティもダメ、「どうしてお客がどうして来ないのか」、などという店長やスタッフによる脅迫めいたミーティングは論外だ。

ショータイムの練習や実施はきちんと行い、ショーに対するタレントの評価はきちんとすべきだし,決してショーをしないということのないように・・・ショーをしないタレントには契約違反で訴えを起こすべきだ。

とくに、これからはタレントそのものを入管が判定し、太鼓判のタレントだけにビザを出すそうだから、その判定には絶対的な自信を持っているらしい。ショーが出来ないという、とんでもないタレントがいるはずがない、エエエエッ「そういうタレント、いるの・・・・ッ」 それは、入管を相手に訴訟を起こすことだね、芸能人たるかどうかの判定までするということは、その判定に責任を持たなければならないからだ・・・・これから興行の統括は、吉本興業からでも出向してもらいしかない。

とにかくショーの練習は、毎日ちょっときつめに行なうのと同時に、必ず毎晩ショーを実施して、ショーの結果を評価し、そのミーティングを必ず行なう。ショーがだめなときには早めに集合させて連寸を行なうこと。

・・・・・・・たとえ摘発があって調書を取られたとしても・・・・・・・
「ショーはしていた?」・・・・・・・『はい!』・・・・・・・ムムムッ
「誰と誰が、ショーをしていましたか?」・・・・・・・『はい、全員です』・・・・・・・ムムムッ
「お客さんを呼べとか言われたり」、「ペナルティとかないの?」・・・・・・・『はいありません』
「仕事終わってから、ミーティングは?」・・・・・・・『有りました』・・・・・・・オオオオオッ
「誰に、どういうこといわれたの?」・・・・・・・『はい、店長に、しつこく』・・・・・・・オオオオオッ
「それでなんといわれたの?」・・・・・・・『はい、今日のショーは全然ダメだ!明日から1時間早く来て練習だ!ッて、ふざけてるでしょう!』・・・・・・ムムムッ・・・・・。


どのタレントが、聞かれても同じ回答をするようにしておかなければならないからこそ、ショータイムは必ず全員行なわせることが大切ですね。うそで固めても、決してその通りに動かないタレントたちであることは承知のはず・・・・・所詮踊れないダンサーだから。

すべて、摘発する側に立って考えていけば、対処法はおのずと出てくる。その対処法で、経営が成り立たなければ、廃業しかありません。

イリガルでも、いいからいままで通りの店舗経営の道はないのか?ずばり・・・有ります・・・、これからは、正規の興行ビザの入国はグット減って来ますが、その分ちょっと高いが、同伴OK、ホテルOK、接待し放題・・・・・ショータイム?そんなくだらない事なくてもOK!というタレントが、興行ビザのタレントよりも大量に入国してくるというから安心だ。

オオオオオッ・・・・そういうタレントいるのでしょうか?・・・これからたくさん入ってきます。但し、大きなリスクはありますが、代紋背負っている方々が・・・新しいプロモーター家業を始めているから、いくらでも入ってきますよ。

人数も半端な数じゃない・・・考えてみたら、業界の組織とは、桁が違う人数抱えているし、規模が違うから、それに殺されるということもないから、安心で摘発など全然怖くないと嘯く。

許可ですか?そんなもんいらないよ、摘発受けても、翌日タレント配達付だそうだ・・・・・どちらを選ぶかは、オーナーの自由です。

それでも、入管は正規店舗の摘発を続けているかもしれない・・・現状では間違いなくそうなるだろう・・・。

そうかもしれない、米国務省がイワンとしていること・・・・本当の意味は、そろそろ組織と手を切って国民のためになる行政をしなさいということ、不況の原因はどうして起こったのか?欧米の見識者の声は、わかっているはず・・・・表面だけ捉えて業者いじめをしては・・・また、米国からキツイお仕置きされますよ。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
Copyright © 2004 Powered By FC2 allrights reserved. template by bartolina
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。